大人の溶連菌に効く薬は?熱や喉の痛み、発疹の症状には?

main 毎日忙しく働いている大人が溶連菌に感染してしまったら・・・。

なるべく早く治して、元気に日常を過ごせるよう健康な体に
戻りたいですよね。

 

溶連菌は、A群β溶血連鎖球菌に感染して起こる病気で、
猛烈な喉の痛みが症状の一つとして現れます。

 

溶連菌を治すには、市販の薬は効かないので、
病院での抗生剤の処方をうけます。

しかし、処方された薬が自分には合わない事もありますよね。

 

薬が合わない時には、医師への相談が必要になりますが、今回は
そのような時に少しでも参考になるように、溶連菌に使われる
薬について見ていきたいと思います。

スポンサードリンク



大人の溶連菌感染症に効く薬は?

溶連菌に感染し発症した場合、菌を除去する

セフェム系

ペニシリン系

の抗生剤が処方されます。

 

セフェム系の抗生剤

セフェム系の抗生剤は、細菌による感染症の治療に
使用されます。

適応できる症状が多く、ペニシリンより除去率が高いと
言われてます。

 

ペニシリンショックなどのショック症状を起こすことが
少ないため、現在では、セフェム系の抗生剤の生産量が
多いそうです。

 

セフェム系の抗生剤には、次のようなものがあります。

・フロモックス

・セフゾン

・メイアクト

・トミロン 

 

ペニシリン系の抗生剤

ペニシリン系の抗生剤は、細菌の感染症に使用される薬です。

ペニシリン系の薬で、ショック症状を起こしたことがある人は
使用できません。

 

ペニシリン系の抗生剤には、次のようなものがあります。

・アモキシシリン(サワシリン)

・ピクシリン

・パセトシン

 

溶連菌感染症の抗生剤と併用して処方される薬

溶連菌は強烈な喉の痛みや熱、発疹などの症状が現れます。

 

抗生物質の内服によって、細菌が除去されると症状も
治まってきますが、喉の痛みや熱、発疹のかゆみの症状を
緩和するために、抗生剤と一緒に処方される薬があります。

 

症状別にどのような薬があるのかを見ていきましょう。

 

喉の痛み

◇ロキソニン

解熱鎮痛剤です。

消炎作用もあり、熱も下げます。

痛みに対しての効果が強いことが特徴です。

 

胃が弱い方は、ムコスタなどの胃粘膜の保護をする薬と一緒に内服してください。

 

ロキソニンは、ニューキノロン系の抗生剤との
併用はできません。

 

◇トランサミン

扁桃炎咽頭炎の痛み、発赤、腫れの治療に
使われます。

 

◇うがい薬 

*イソジンガーグル・アズノールうがい液4%など

口腔内の殺菌、喉の炎症をとります。

 

◇トローチ

喉の炎症を抑えます

スポンサードリンク


熱を下げる

◇カロナール

鎮痛解熱剤です。

胃を荒らすことは殆どないですが、効き目が緩やかなので、
人によっては効き目が弱いと感じる人がいます。

 

◇ロキソニン

解熱鎮痛剤です。

消炎作用もあり、熱も下げます。

痛みに対しての効果が強いのが特徴です。

 

胃が弱い方は、ムコスタなどの胃粘膜の保護をする薬と
一緒に内服してください。

 

ロキソニンは、ニューキノロン系の抗生剤との併用は
できません。

 

発疹の症状

発疹は抗生剤の内服により、菌がいなくなると発疹も
治まるようです。

かゆみが酷い場合には、抗ヒスタミン剤が処方されることも
あります。

 

ステロイド剤は症状を悪化させることがあるので使用しません。

 

薬の副作用について

上記でご紹介した薬には、それぞれ副作用があります。

処方された薬を薬局でもらうときに説明をよく読んでください。

 

あわせて下記の記事もご覧いただければと思います。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「溶連菌の薬は?大人と子供はメイアクト?フロモックス?サワシリン?」

まとめ

溶連菌の治療は、抗生剤の内服が重要になります。

自己判断で抗生剤の内服を中止すると菌が残ってしまい、
合併症を起こすことがあります。

処方された抗生剤は、医師に指示された期間を守り、
必ず抗生剤を飲み切ってください。

 

薬を飲み始めて身体に異変を感じたら、すぐに医師に
相談してくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ