大人の中耳炎!原因や症状、痛みへの治療は?

大人の中耳炎の原因や症状は?

0dd10cb3e5f7ddffdacbdf20d313f04e_m
前回の記事、

「耳の痛みは中耳炎?子供の症状と原因、治療は?」

で、中耳炎は子どもが良くかかる耳の病気だと
ご紹介しました。

大人になると、耳の構造上中耳炎にかかりにくいと
言われていますが、もちろん大人もかかります。

また、大人が発症すると、ひどくなったり、治癒に時間が
かかったりする事がありますので注意が必要です。

スポンサードリンク




そこで今回は、大人の中耳炎にフォーカスして、
原因と症状をご紹介したいと思います。

大人の急性中耳炎

原因

・風邪

・鼻のかみ過ぎ

・ダイビングや素潜りをした

・飲酒

・体調不良が重なる

等により、中耳に細菌やウィルスが入ることによるものが
多いと言われています。

 

症状

・強烈な耳の痛み

・頭痛や発熱、鼻水、めまい

・聞こえが悪い(たいていの場合が片方)

・聞こえの悪さが続く

症状がひどければ、日常生活や仕事、車の運転などに
支障をきたし、会話などでも不都合が生じます。

 

対策

痛みや発熱に関しては、市販薬の鎮痛解熱剤の服用も
効果的です。

横になるより立っている方が改善するとも言われていますので、
安静にするのでも、座っているほうが良いとされています。

痛い方の耳の後ろを、保冷剤などを使って冷やして下さい。

エアコンなどで部屋を涼しくしたり、外の涼しい風に
当たることでも症状が改善されることがあります。

温めると痛みが増すことがありますので、お風呂は控えましょう。

 

耳だれが出ている場合には優しく拭いて、かぶれないよう
肌に付いたまま放置しないようにしましょう。

しっかりと睡眠を取り、全身状態の改善を図って下さい。

また膿は鼻から抜けますので、鼻の通りをよくするように
しましょう。

 

自然治癒も可能ですが、完全に膿が抜ける完治までは
1~3ヶ月かかると言われています。

個人では治療不足で長引くことも考えられますので、病院での
受診をおすすめします。

スポンサードリンク



大人の慢性中耳炎

原因

急性中耳炎が長引いたことによるものもありますが、
子供の頃から中耳炎を繰り返していたなど、体質的・構造的に
なりやすい方もいるようです。

慢性中耳炎は痛みを伴うことが少ないので、気づかないうちに
進行している場合もあります。

慢性中耳炎で痛みを伴った場合には、ひどくなってしまっている
ことが多いので要注意です。

症状や対策は上記の急性中耳炎と同様です。

 

大人の滲出性(しんしゅつせい)中耳炎

原因

・風邪

・鼻のかみ過ぎ

・耳管機能の低下

・年齢によるもの

等が原因で中耳に水がたまることで起こります。

急性中耳炎からの悪化によるものもあります。

 

症状

・耳が詰まった感じがして、聞こえが悪い

・自分の声が耳の中に響く

・あくびをするとボコボコ音がする  

・耳の中に水が溜まっている感じがする

等の症状があり、痛みは伴いません。

 

対応

・耳管に空気を繰り込んで通気をよくする

・鼓膜に穴を空け液を取り除く

・鼓膜にチューブを挿入する

などの治療を行います。

 

滲出性中耳炎は、繰り替えしかかりやすいと言われています。

再発防止の為、耳だけでなく鼻、喉なども総合的に
治療することが必要です。

放置すると、治癒困難になるケースもありますので、
医療機関の受診をおすすめします。

スポンサードリンク


まとめ

風邪を引いたときや体調不良時にかかりやすくなりますので、
季節の変わり目や睡眠不足、食事のバランスなどに注意し、
平常時の体調管理にきをつけましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ