大人のあせもの原因と症状は?治療と予防は?

高温多湿の日本の夏!

main
年々暑さも厳しくなっています。

 

この猛暑も関係しているのか?

子供に出来るイメージが強かったあせもが、
大人に増加しているそうです。

 

かゆみと痛みもある不快なあせもの予防方法を知って
あせも対策に取り組みましょう。

スポンサードリンク



あせもはどんな病気?

汗を大量にかくことで、汗の通り道が塞がってしまい、
汗が皮膚の表面に流出できず、皮膚内に溜まって
小水疱をつくります。

これを「あせも」と言います。

 

あせもの症状

あせもには3種類のあせもがあります。

 

紅色汗疹

一般的によくできるあせもで、皮膚の中に汗が溜まって

炎症が起きている状態で小さくて赤いブツブツの水泡ができます。

 

水晶様汗疹

皮膚の表面に汗が溜まって炎症が起きる状態。

かゆみがなく、白っぽい水ぶくれができます。

 

深在性汗疹

一般的なあせも(紅色汗疹)が悪化した状態です。

あせもを放置し、さらに汗をかいて皮膚が盛り上がり、
青白くなります。

ただ、日本には殆どないと言われています。

 

あせもができやすい場所

あせもは、

頭、

額、

首、

ひじの内側、

足のつけね、

ひざの裏、

背中、



など、汗が溜まりやすい部分、汗がなかなか乾きにくい場所に
できます。

 

あせもの原因

大量の汗をかくと、皮膚の中に汗が溜まってしまいます。

この汗が、皮膚の下の汗管(汗の通路のことで、かんかんと読む)
の周りに漏れて水ぶくれができ、炎症を起こして赤いブツブツの
小水疱「あせも」ができます。

 

あせもができやすいのは、

・激しい運動をしたとき

・高温多湿な場所で作業をするとき

・風邪で高熱が出たとき

・通気性の悪い衣服を着用する

など、肌が不衛生になることで、汗管がつまりやすくなると
あせもができる原因になります。

スポンサードリンク


あせもができる季節

あせもは、大量に汗をかく夏にできることが多いのですが、
実は、1年を通してどの季節でもできます。

 

夏は大量の汗によって、冬は肌の乾燥が原因となって
あせもができるそうです。

 

あせもの治療方法

あせも治療の薬は、市販薬にもたくさん出ていますが、

皮膚疾患がある方、

薬のアレルギーがある方、

妊娠している方、

あせもの状態がよくない方

は、病院で診察をしてもらい、薬を処方していただくほうが
安心です。

 

皮膚科では、

ステロイドの薬(ロコイド、キンダベート、リンデロンなど)



非ステロイドの薬(コンベック、アズノールなど)

が処方されると思います。

 

市販薬では、抗炎症作用があるステロイド外用薬があり、
薬局で販売しています。

ステロイド外用薬は、3段階の強さがあります。

薬局でステロイド外用薬を購入するときは、必ず薬剤師さんに
相談してください。

 

あせもの予防方法

あせもの主な予防方法としては、以下の方法があります。

 

・汗をかいたらゴシゴシこすらないようにタオルで拭きましょう。

・こまめに衣類を着替えましょう。

・通気性のいい衣類を着ましょう。

・運動後は、シャワーを浴びましょう。

・爪を短く切り、患部をかかないようにしましょう。

・クーラーを上手に利用して室温の調節をしましょう。

・肌の弱い方は、乳幼児のあせもにも有効とされいる
ベビーパウダーを、お風呂上りに使用するのもいいようです。

ベビーパウダーを塗布するときは、水分を十分にふき取って、
清潔にしてからパフで少しずつ塗布していきましょう。

 

まとめ

あせもは1度できてしまうと、なかなか治りにくいですね。

汗をかいたら、タオルで拭くなど、ちょっとした手間で
あせもを防げます。

 

不快なあせもができる前に普段の生活に予防を
取り入れましょう。

できてしまったら、症状が悪化する前に病院を受診して、
薬を使った対策をとりましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ