夏本番!熱中症対策のグッズ/飲み物/食べ物ランキング!

abc0ff45e6ae6e85e97e05a344695210_m 一般的に、人間は1日2.5リットルの水分を、汗・皮膚・尿・便
などから失っています。

夏場は汗をかくことが多くなるので、意識して水分を摂ることが
必要になってきます。

水分補給で、一度に大量に水分だけを摂取すると体内のバランスを
崩して、体調が悪くなるので、汗で失われる塩分(ナトリウム)
加えてカリウム・ビタミンB1・クエン酸も摂りましょう

スポンサードリンク



熱中症対策として必要な栄養素

◎塩分(ナトリウム)

塩分(ナトリウム)は、血液の中に含まれていて体内を
循環しています。

大量の汗でナトリウムが失われ、水分だけ摂ると血液中の
ナトリウム濃度が薄まり、水分を摂る気持ちがなくなって
水分を尿に出してしまいます。

こうなると、運動機能低下・体温上昇で熱中症になります。

 

◎カリウム

カリウムは体の細胞内に多く含まれています。

細胞内が脱水症状になると、重要な臓器機能障害を起こし、
熱中症や回復にも影響を与えます。

 

カリウムは、

海苔

ひじき

ほうれん草

小豆

里芋

ジャガイモ

バナナ

に多く含まれます。

 

普段の食生活に加えるとよいでしょう。

 

◎ビタミンB1

ビタミンB1は、不足すると疲労物質が溜まりやすく、
疲れやすくなり、食欲不振・倦怠感手足のしびれなどが
おこります。

 

ビタミンB1は、

豚肉

ハム

ウナギ

グリンピース

青のり

乾燥大豆

きなこ

などに含まれます。

疲労回復に加え夏バテ防止にも役立ちます。

 

◎クエン酸

クエン酸は、疲労の原因となる乳酸の発生を防ぎ、疲労回復に
優れた効果を発揮します。

老化防止・代謝を活性化させます。

 

クエン酸は、

梅干し

グレープフルーツ

オレンジ

レモン

食酢

黒酢

などに含まれています。

 

◎その他

体を守ってくれる活性酵素の含まれる、

トマト

スイカ

人参

モロヘイヤ



いわし

アーモンド

なども摂るとよいでしょう。

スポンサードリンク


熱中症予防に摂ったら良い食べ物 ベスト3

1位  梅干し

食塩クエン酸・ナトリウム・カリウムをすべて含んでいて、
塩分を効率よく摂取できる食べ物です。

1日1~2個が目安です。(摂りすぎには注意)

2位  スイカ

90%以上が水分で、ミネラル(ナトリウム・カリウム・マグネシウム)が
大量に含まれています。

塩をかけると塩分も摂れます。

3位  レモン

レモンは梅干しの次にクエン酸が多く含まれる食べ物です。

それに加えビタミンCが含まれているので疲労回復にも
役立ちます。

ただし、ビタミンC・クエン酸は摂りすぎには注意。

果汁を飲み物に混ぜて飲むとよいでしょう。

 

熱中症対策スポーツドリンク ランキング ベスト5

1位  ポカリスエット

ナトリウム49mg
カリウム20mg
エネルギー27kcal

熱中症対策に必要な、ナトリウム・カリウムが豊富に
含まれています。

2位  ソルティーライチ

ナトリウム45mg
カリウム15mg
エネルギー36kcal

カロリーが他と比べて多いので飲みすぎに注意。

こまめに摂るとよいでしょう。

3位  グリーンダカラ

ナトリウム40mg
カリウム11mg
エネルギー17kcal

普通のダカラはナトリウムが入っていないので、グリーンダカラの
方がおすすめです。

4位  アクエリアス

ナトリウム40mg
カリウム8mg
エネルギー21kcal

少しカロリーが高く、甘めですがバランスはベスト。

薄めにすると浸透力が良い。

5位  アサヒスーパーH2O

ナトリウム40mg
カリウム4.6mg
エネルギー12kcal

カロリーが低く浸透力も良いですが薄味。

大量に摂取する場合はおすすめ。

 

寝中傷対策グッズ ランキング ベスト8

1位  ネッククーラー(首周り用タオル・ストール)

タオルやストールを、水にしばらくつけて(直接・中に入れる物を)
濡らし、首に巻いて使います。

首周りは太い動脈が通っているのでそこを冷やすと効果的です。

何度も手軽に使えるます。(帽子やベストもあります)

2位  冷却スプレー・ミスト

手軽で即効性があります。

子供への使い方は注意が必要です。

3位  冷却ジェルマット

熱帯夜には欠かせないものになりました。

ただし、朝まで冷たいままではないのが難点です。

4位  熱中症対策帽子

お手軽で99%UVカット対策がされていたり、デザインや
バリエーションも増えました。

5位  携帯型ボディークーラー

スイッチを入れ本体アルミニウムプレートを冷やし、
動脈にあてて冷やすと体温を下げ涼しくなります。

6位  ベビーカー保冷シート

ベビーカーやチャイルドシートなどに付けて体を冷やす、
熱中症対策グッズです。

赤ちゃんのいるご家庭には必需品です。

7位  パーソナル快適チェッカー

熱中症暑さ指数での熱中症対策(注意・要注意など)で、
温度・湿度を示してくれ、確認もできます。

紫外線強度やインフルエンザ指数が測定できるマルチチェッカー
などもあります。

8位  UVカットのフェイスマスク・フェイスカバー・ハンドカバー

スポーツ時、自転車・自動車運転時に特に女性に人気です。

 

まとめ

熱中症対策には、まずバランスのとれた食事をとり、夏バテを
しない強い体を作りましょう。

それに加え、水分補給(ナトリウム・カリウムの含まれた
スポーツドリンク)をし、自分が使いやすく、自分に合っている
グッズなどを使って快適に過ごし夏を乗り切りましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ