夏バテの症状が出る前に!原因を知って食事やグッズで対策を!

main 夏は、倦怠感や食欲不振など体調不良を起こしやすい時期です。

夏バテは、夏の終わりごろから秋にかけて最も多くみられます。

加齢とともに発症しやすくなりますが、若い人でも体力が
消耗していたり、クーラーの効いた場所でずっと過ごしていると、
夏バテしてしまいます。

今回はこの夏バテの対処や予防法などをご紹介します。

スポンサードリンク



体温調節と夏バテの関係

私たちのからだには体温調節機能が備わっています。

気温が上昇すると交感神経が優位になり、発汗が促され、
暑さから身を守ります。

気温が低くなると、鳥肌をたてて体温の放出を抑制します。

 

このように、からだは気温に対応して体温を一定に保っています。

 

ところが、体温調節が上手くコントロールできなくなると、
自律神経のバランスが崩れ、内臓機能が低下してしまいます。

からだがだるい、食欲がない・・・とからだに不調が現れます。

夏バテの原因

・自律神経の乱れ

冷房がガンガンに効いている室内から急に外にでて猛烈な直射日光に当たる

また反対に、

暑さが厳しい屋外から冷房の効いた室内に入る

 

など、このような激しい温度差が生じると、
からだは気温の変化についていけず、
体温調節に支障をきたしてしまいます。

 

また、冷房が効きすぎている場所で長時間過ごしていると、
「冷え」が生じてしまいます。

 

温度差や冷えなどによって自律神経のバランスが崩れると、
倦怠感や食欲不振に陥ってしまいます。

・タンパク質やビタミン、ミネラルの不足

暑いときには、冷たい飲み物や食べ物を摂取しがちですが、
冷たいものは胃腸の働きを妨げ、消化不良や食欲不振の
要因になります。

 

食欲不振になると、喉越しのよい飲料水ばかり摂取するように
なります。

 

すると、タンパク質など重要な栄養素が不足してしまい、
体調は更に悪くなります。

 

また、ビタミンやミネラルなどの栄養素は、汗とともに
排出されてしまうので、からだは疲労しやすくなり、
一層やる気が起こらなくなります。

・睡眠不足

夏は、エアコンの室外機や住宅密集化などが原因で、
熱帯夜になる日も少なくありません。

 

熱帯夜に悩まされ、なかなか寝付けなかったり、
眠りが浅くなってしまい十分な睡眠がとれなくなります。

 

そうなると、疲労がなかなか回復しません。

回復しないまま次の疲労が重なっていくと、
夏バテが重症化してしまいます。

・汗の分泌が抑制

厳しい暑さは汗の分泌を促進しますが、こまめにケアしなければ
汗腺に老廃物が溜まり、発汗しにくい状態になります。

また、暑さのせいで冷たいものばかり摂取していると、
新陳代謝が低下し汗が出にくくなります。

 

汗の分泌が正常におこなわれなければ、体温調節の機能が
低下し、夏バテを引き起こしてしまいます。

 

重症化すると、熱が体内にこもり、熱中症を発症します。

夏バテの症状

一般的には・・・

・食欲不振

・倦怠感

・思考力の低下

・頭痛

・めまい  

などの症状が起こります。

スポンサードリンク


夏バテを促進する因子

クーラー等によって生じるからだの「冷え」は夏バテを
促進します。

 

冷えはからだのあらゆる部位に発現しますが、
特に多いのが「ふくらはぎ」です。

 

冷えから浮腫みが生じ、浮腫みは血液やリンパの流れを
妨げるので疲労が益々溜まり、夏バテを更に悪化させて
しまいます。

夏バテ対策と予防法

夏バテに効果がある対策、予防法をご紹介します。

夏バテは、なった後よりもなる前が肝心です。

先に対策して、暑い夏を乗り切りましょう!

〇バランスのとれた食生活

一日三食、出来るだけ決まった時間に食事をしましょう。

バランスのとれた食事を心がけます。

〇メニューにクエン酸とビタミンB1をプラス

暑い夏はタンパク質やビタミン、ミネラルが不足しがちですから、
これらの栄養素を補うメニューを考えましょう。

「クエン酸」や「ビタミンB1」を多く含む食品を選びます。

クエン酸は、酢や柑橘系の食品に多く含まれています。

例えば、酢の物を一品、デザートにはレモン
グレープフルーツなど酸っぱい柑橘系の果物を・・・

とメニューを一品増やしてみましょう。

 

疲労や神経機能の回復には、「ビタミンB1」です。

ビタミンB1は「疲労回復ビタミン」とよばれています。

 

ビタミンB1を多く含む食品は、豚肉やウナギ、蕎麦や玄米ご飯、
大豆製品やナッツ製品に多く含まれています。

〇温かい食品で加温

冷たいものは胃腸の働きを低下させてしまいます。

 

生野菜より温野菜、冷たい飲み物よりひと肌くらいに
温めた飲み物を選びましょう。

 

お味噌汁や温かいスープなどをメニューに付け合せると、
更にからだが温まって効果的です。

〇入浴で冷えを改善

クーラーの効いた室内は、からだに冷えを生じます。

冷えは夏バテを誘発してしまうので、ゆっくりと入浴しましょう。

余裕のあるときには、半身浴でしっかりと汗をだしてください。

〇温度差を最小限に

室温と外の温度の差は出来るだけ少なく留めましょう。

オフィスなど、自由に温度設定ができない場所では、
カーディガンやひざ掛け、靴下などで、調整します。

〇質のよい睡眠

疲労回復には何より睡眠です。

入浴などで心身をリラックスさせて、ゆっくりと休みましょう。

夏バテ予防の注意

日頃から健康で、季節を問わず食欲のある人は、
食べ過ぎに注意してください。

メニューを意識して食事を摂ることは大変よいことですが、
食欲があるにも関わらず「夏バテしないように」と、
更に脂肪の多い食品を増量してガッツリと食べてしまうと、

「夏太り」

してしまいます。

 

夏太りは、秋になってもなかなか減量できるものではなく、
冬になってもその状態がキープされることが多いです。

 

翌年の夏にはまた夏太り・・・と繰り返されると、体脂肪が
どんどんと溜まり生活習慣病を引き起こしてしまいます。

夏バテが続くと

夏バテは、予防が一番の薬です。

それでも夏バテしてしまったら、医師の診察を受けましょう。

 

夏が過ぎれば・・・と思っていつまでも放置しておくと、
秋や冬にまで長引いてしまい、免疫力が下がり、
他の病気を併発してしまいます。

小児は小児科、大人は内科で受診しましょう。

夏バテ対策おすすめグッズ

ハッカ油

薄荷・ミントの葉っぱから抽出される「ハッカ油」はこの夏の一押しです!!

お風呂にハッカ油を3~4滴入れると、お風呂から上がったあとも
扇風機に当たれば、冷房いらずの凍える寒さが味わえます。

ハッカ油は、涼しくしたり虫を退治したりカビ防止や食欲不振にも
効果があります。

梅塩トマト

おやつ感覚でさっと食べられる梅塩トマトはおすすめ!

いつでも持ち歩けて、夏の塩分補給に最適です。

冷感まくらパッド

冷房が苦手な方、赤ちゃんや小さいお子さんにも安心して使える「冷感まくらパッド」。

エアコンなしでも朝まで快適な睡眠が取れます。

まとめ

夏の暑さを乗りきる、夏バテ対策は、しっかりと食べて
栄養を摂り、体を動かして汗をかくことが1番です。

対策、予防をしっかりとって、この夏も健康で乗り切りましょう!!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ