夏バテの対策は?食事で予防!おすすめ食材は?

images 旅行や海水浴など楽しいことがたくさんある夏!

楽しいことがたくさん待っているのに夏バテになってしまい、
寝込んでしまったら、とても悲しいですよね。

 

夏バテでにならないためにも、普段の生活から予防できることが
あったら、是非やってみましょう。

スポンサードリンク



夏バテは,なにが原因で起こる?

夏バテの大きな原因として、

・自律神経の乱れ

・胃腸機能の低下

・水分不足

この3つがあげられます。

 

胃腸機能が低下すると、食欲がなくなり栄養不足が起こります。

栄養が不足して、水分まで不足してしまうと、
体力の消耗につながります。

 

これらの体調不良は、普段の食生活の改善である程度防げると
言われています。

バランスがとれる夏バテ予防のメニューを勉強して、食生活の
見直しをしてみましょう。

 

夏バテに効果がある栄養素

夏バテに効果がある栄養素としては、以下のものがあります。

 

・ビタミンB1・B2

炭水化物の糖類をエネルギーに変える。

疲労回復に効果がある。

 

・クエン酸

疲労物質の乳酸菌を分解し、疲労回復に効果がある。

血液をサラサラにして血流を改善する。このことによって
新陳代謝がよくなり、疲労回復につながる。

 

・ビタミンC

自律神経の乱れ、胃腸の働きの低下を緩和する。

 

・タンパク質

身体をつくる主成分。

エネルギー源となる。

 

・アリシン

ビタミンB1の吸収を助ける。

アリシンという栄養素は、ビタミンB1と組み合わさると
アリチミンというものに変わってビタミンB1と同じくらいの
働きをもつ成分をつくり、体内にも吸収されやすくなります。

 

夏バテ防止に効果がある栄養素を含む食材

・ビタミンB1を多く含む食材

玄米、

豚肉、

うなぎ、

納豆、

豆腐、

枝豆など

 

・ビタミンB2を多く含む食材

レバー、

うなぎ、

納豆、

など

 

・クエン酸を多く含む食材

梅干し、

レモン、

酢、

グレープフルーツなどの柑橘類

 

・ビタミンCを多く含む食材

トマト、

ゴーヤ、

枝豆、

レモン、

かぼちゃなど

 

・タンパク質を多く含む食材

豚肉、

豆腐、

など

 

・アリシンを多く含む食材

ニンニク、

ニラ、

ねぎ、

らっきょう、

たまねぎなど

 

代表的なものとして、これらの食材があります。

 

この他に食欲増進を助けるものとして、

生姜、

わさび、

カレー粉、

赤唐辛子

などの香辛料があげられます。

香辛料は、多量に摂りすぎると胃の調子が悪くなるので、
摂りすぎには注意してください。

 

夏バテに効果がある食材を使った夏バテ予防レシピ

夏バテ予防のレシピはたくさんあると思いますが、
一つのレシピのなかに夏バテ効果のある栄養素がいくつか
含まれているレシピをざっくりと紹介します。

 

・豚の冷しゃぶ

ビタミンB1、ビタミンC、アリシンが摂れます。

 
材料
豚肉、

キャベツ、

タマネギ、

トマト、

きゅうり、

にんじん、

ねぎ

ごまだれ
(味噌大さじ2、すりごま12gくらい、酢大さじ1+小さじ1、みりん大さじ2+小さじ2、砂糖大さじ1+小さじ1)
作り方
【手順1】
・豚肉は茹でて、氷水に通してザルにあげて水を切る

【手順2】
・トマト以外の野菜は千切りみして水にさらし、水切りしておく

【手順3】
・トマトはくし型に切る。(プチトマトでもよい)

【手順4】
・ごまだれの調味料を混ぜ合わせる。

【手順5】
・ねぎは、小口切り

【手順6】
・皿に千切りにした野菜とトマトを添え、肉をのせて
ねぎを散らし、ごまだれをかけて食べる。

ポン酢しょうゆでも、おいしく食べられます。

材料は、その時の人数に応じて用意してください。

ごまだれは4人分ですが、好みによって、調節してください。

スポンサードリンク


・ゴーヤチャンプルー

ビタミンB1、ビタミンC、タンパク質、アリシンが摂れます。
材料
ゴーヤ、

豚肉、

木綿豆腐、

卵、

ニンジン、

ニンニク

豆板醤、

しょうゆ、

酒、

中華味の素
作り方
【手順1】
ニンニクは、みじん切り。

ゴーヤは、縦半分に切りわたを取り除く。

2㎜くらいにスライスしてニンジンは、適当な大きさに切る。

【手順2】
ニンニクをサラダ油で炒め、香りがでたら、肉と豆板醤を入れて
炒める。

【手順3】
次にニンジンとゴーヤを入れて炒め、しょうゆ、酒、
中華味の素で味をつける。

【手順4】
豆腐(水切りをして、適当な大きさに切ったもの)を入れて
さらに炒め、溶き卵を入れてとじる。

材料、調味料の分量はお好みで用意してください。

・野菜たっぷり鯵の南蛮漬け

こちらは、cookpadさんにいいレシピがあるので、
こちらのページを参照にしてください。

 

鯵の南蛮漬けからは、

ビタミンB1、

ビタミンC、

アリシン、

クエン酸

が摂れます。

 

・野菜たっぷり餃子

餃子は夏バテ予防にイチオシです。

こちらも、cookpadさんにいいレシピがあるので、
こちらのページを参照にしてください。

 

餃子からは、

ビタミンB1

アリシン

ミネラル

が摂れ、食べるときにお酢をを使うと

クエン酸

も摂れます。

 

・キムチ納豆冷奴

ビタミンB1、ビタミンB2、タンパク質、アリシンが摂れます。
材料
絹ごし豆腐、

納豆、

キムチ、

ねぎ、

ごま油、

しょうゆ
作り方
【手順1】
納豆とキムチを合わせておきます。

【手順2】
豆腐のうえに、納豆とキムチを合わせたものをのせ、
小口切りにしたねぎものせてごま油をちょっとたらします。

さらにしょうゆを適量かけてできあがり。

納豆が苦手な方は、キムチとツナでも美味しいです。

 

まとめ

夏バテ予防に効果がある食材を含んだレシピは、たくさん
あります。

自分で工夫して楽しみながら、料理をしてみてください。

 

食べることの他に飲み物として夏バテ予防となるものとして、
甘酒があげられます。

甘酒は栄養価が高い飲み物で、

ビタミンB、

ミネラル、

アミノ酸、

ブドウ糖

などが豊富に含まれていて、飲む点滴と言われているそうです。

 

普段の食生活から、夏バテを予防することは、
体力増進にもつながる大切なことです。

いろいろと工夫してメニューを考えて、
食事から夏バテにならない身体をつくりましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ