夏の子供の嘔吐や下痢!熱や腹痛、寒気は?対策や予防について!

main 嘔吐下痢症とは、嘔吐や下痢を主症状とした疾病の総称です。

嘔吐下痢症は、冬にしか流行しないからと悠長に
構えがちな夏ですが、冬場だけかかる病気ではありません。

 

夏にも、子供を中心に嘔吐や下痢といった、症状の病気に
かかることがあります。

 

かかってしまった時に、慌てることがないように、
夏の嘔吐や下痢の症状がでる病気について、
紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



夏でも嘔吐下痢症にかかる可能性がある

嘔吐下痢症は、特に冬場に多く、流行のニュースを聞くことが
ありますが、夏場にもかかる可能性があります。

 

夏の嘔吐下痢症の原因としては、

細菌性の食中毒



暴飲暴食、

ストレス、

エンテロウィルス

等によるウィルス性の感染性胃腸炎です。

 

暑さで十分な休息や睡眠がとれないことで、体調を崩して
しまいがちになり、嘔吐下痢症の原因となる細菌やウィルスに
感染しやすくなったり、冷たいものをとりすぎて、胃腸の調子を
崩してしまいやすくなるのです。

 

原因別の症状の違いと判断方法

心因性 ( ストレス) が原因の嘔吐下痢症の場合
ストレスが原因の場合、胃がキリキリ傷んだり、腹部膨張感が
あったり、吐き気 ( 嘔吐症状がある場合もある ) がしたり
します。

日頃から、ストレスがある方がかかるので、生活を
振り返ってみると良いかと思います。

思い当たる人は注意が必要です。

 
エンテロウィルスによる嘔吐下痢症
エンテロウィルスとは、腸管で増殖するウィルスの総称で、
夏から秋にかけて流行します。

いわゆる、夏風邪と呼ばれる手足口病ヘルパンギーナ
引き起こす原因菌です。

 

手や足、口の中や全身に発疹ができ、口の中全体に出来るので、
つばを飲むのも辛くなります。

これらの症状とともに、嘔吐や下痢が起こりますが、
症状は軽度です。

 

また、嘔吐や下痢症状のみ、起こることもあります。

スポンサードリンク


食中毒
食中毒の原因菌は様々ありますが、激しい腹痛下痢嘔吐
代表的なサルモネラ菌病原性大腸菌等には、発熱もみられます。

 

菌に感染した肉や卵、不十分な殺菌による飲料水、魚介類等が
原因となって発症するので、食べた後は、気になる症状が
出ないか、気をつけたほうが良いかと思います。

 

予防や対策について

次に予防について、紹介していきたいと思います。

・手洗いうがいをしっかりとしましょう。

・冷たいものをとりすぎないようにして、栄養のある食事をとりましょう。

・体調を崩さないように、睡眠や休息を工夫をしてとりましょう。

・生モノは、できるだけ避け、加熱したものを食べるようにしましょう。

また、お弁当などには、傷みやすい食材は避け、加熱してよく冷ましたものを、保冷剤を入れて持ち歩くようにしましょう。

 

まとめ

嘔吐や下痢の症状は、大人がかかっても動けないほど
酷いですから、子供のとっては一大事だと思います。

 

バーベキューやお祭りと外で食べ物を食べる機会が増える
夏ですが、楽しい雰囲気の中でも、衛生面にはしっかりと
気を配り、これらの病気にはかからないようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ