嘔吐下痢症の原因はノロウイルス?大人と子供の症状は?

嘔吐下痢症の原因はノロウイルスなの?

main

吐き戻しや下痢の症状と聞くと、夏の病気に思われがちですが、
「嘔吐下痢症」は寒い時期に発症するウイルス性の胃腸炎です。

ウイルス性のため、何の前触れもなく、急に元気だった子供が
吐き始めます。

同時に下痢も始まり、はじめて遭遇するとかなり驚くでしょう。

今回は、この「嘔吐下痢症」について、症状や診断法などを
ご紹介します。

スポンサードリンク



嘔吐下痢症とは?どんな症状?

嘔吐下痢症とは、ウイルスによる胃腸炎の症候群です。

 

「吐き下し」の原因は色々ありますが、特にウイルス感染が
原因となって起こる感染性胃腸炎の一つです。

正確には「ウイルス性胃腸炎」と呼ばれますが、
「嘔吐下痢症」とも呼ばれます。

また、これは乳幼児にかぎらずどの年代でも起こりうる
症状です。

 

主な病原体であるノロウイルスは、ヒトの体内に侵入すると
腸の中で短期間のうちに増殖し、突然の吐き下しが起こります。

そうして体内からウイルスが排出されると急激に吐き気も
収まりますが、予後はばらつきがあり、軽症で翌日には
元気になる場合もあれば、一週間以上苦しむこともあります。

 

時季は、冬場に多く、異なる種類のウイルスによって
症状がさまざまです。

 

腸炎を起こすため、免疫が下がり、アレルギー反応が
後遺症として出ることもあります。

 

一部のウイルスについてはワクチンが既に存在しますが、
発症した場合の特効薬はなく、症状が収まるのを
対処療法をしつつ待つというスタンスです。

嘔吐下痢症の原因は?

嘔吐下痢症とは、主にウイルス性の胃腸炎を言います。

 

病原体はいくつかの異なるウイルスがありますが、症状は
おおむね嘔吐と下痢ということで似通っています。

 

原因は、以下のウイルスに感染することです。

大きな子どもや大人の場合でも激しい吐き気があります。

 

主な病原菌としては、

ノロウイルス

ロタウイルス

アストロウイルス

腸管アデノウイルス

などがあります。

 

経路は主に3つあり、

(1)ウイルス汚染の食品を摂取すること

(2)ウイルス汚染の食器から感染すること

(3)患者の吐瀉物や便から感染すること(ドアノブ、スマートフォンのタッチパネルなども含まれる)

が定説です。

 

嘔吐下痢症を起こす病原体のうち、ロタウイルスは、
より重い症状になる傾向があり、海外においては
乳幼児の死因として大きな割合を締めます。

これは1970年代に見つかった比較的新しいウイルスで、この
ロタウイルスに感染すると激しい胃腸炎を起こし、発熱、
激しい嘔吐、白い便の下痢が続き、重篤な脱水症状にまでなり、
ケアが不十分の場合死亡することもあります。

 

このように、一概に「嘔吐下痢症」と言ってもさまざまな
ウイルスによって引き起こされますので、一度かかったとしても、
別のウイルスに感染した場合、再発することもあります。

 

また、治ったように見えても、便の中にはウイルスは
数週間排出されているので、手洗いなどをよく行わないと
他人にうつしてしまう可能性があります。

スポンサードリンク


嘔吐下痢症にかかりやすい時期・季節は?

吐き戻しというと、食中毒を思い起こし、暑い季節で
雑菌がわいたのかも?と想像しがちですが、ノロウイルスを
はじめとするこれらのウイルスは冬場に爆発的に広がります。

そのため、冬季下痢症とも呼ばれます。

 

ウイルスの種類で見ておくと、冬季のうち初期には
ノロウイルスによる発症例が多くみられ、冬も終わりに
近づくことにはロタウイルスによる発症例が見られます。

 

この病気は新しいものではなく、昔から冬場の胃腸炎のような
「お腹の風邪」として認識されてきました。

嘔吐下痢症の予防方法は?

感染者の吐瀉物や便の中には大量のウイルスが存在し、
二次感染力はかなり強力ですので、ケアをする人が感染
しないように注意が必要です。

 

必ずゴム手袋をして処分します。

 

次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤(例:花王のハイターなど)が
ノロウイルスをはじめ、各種ウイルスの不活化に効果がありますので、
5~6%の水溶液を作り、吐き戻した衣服や床などに使用して消毒します。

 

直接吐瀉物や便に触れてしまった場合は、石鹸と流水で何度も
手を洗ってください。

 

ノロウイルスのワクチンは、目下製薬会社が研究開発中ですが、
ロタウイルスについては、飲むタイプと注射タイプのワクチンが
すでにありますので、医師と相談の上使用することができます。

 

生のカキや二枚貝などからノロウイルスが体内に入るケースも
よくみられます。

こういった食べ物は十分な加熱をして、生や生焼けの状態では
食べないようにすることが予防面で効果があります。

(ちなみにノロウイルスが食べ物経由で侵入した場合は、「食中毒」扱いです。)

家庭で出来る診断方法は?

以下の症状を確認します。

(1)急に体調が悪くなる

(2)短期間で何度も激しく吐く

(3)または数日間にわたり、時々吐く

(4)激しくお腹が痛くなる

(5)下痢が始まります

(6)便が白っぽくなる(ロタウイルスである可能性が高い)

(7)発熱がある(ロタウイルスの可能性あり)

ウイルスや年齢、抵抗力の差より症状の出方は千差万別です。

家庭で出来る治療方法は?

感染ウイルスによって対応が多少異なります。

ノロウイルスによって激しい嘔吐や腹痛のある場合は、
何を飲んでも食べてもすぐに吐いてしまうので、
最初の数時間は絶食、飲み物も飲みません。

 

胃腸は完全に動きを止めてしまうので、脱水を気にして
無理に飲ませても効果はありません。

 

激しい腹痛で元気がなくなりますが、そのころには
数時間過ぎて吐き気が収まってきます。

このころから水分を少しずつ与えていきます。

 

一気に飲ませると吐くことがありますので無理は禁物です。

半日以上すぎると食欲も回復してくることが多く、
消化の良いお粥のようなものを食べさせます。

 

しかし、数時間で嘔吐が止まらず、下痢もして脱水の恐れが
ある場合は、医療機関で点滴を受ける必要があります。

登園、登校、出社はいつから可能?

このタイプのウイルス性胃腸炎は、学校保健安全法で特に法的な
出席停止期間は規定されていません。

 

学校側の先生と連絡を取り、医師の意見も聞いたうえで、
いつから出席するかを決めるとよいでしょう。

まとめ

嘔吐下痢症では、突然の激しい嘔吐から始まります。

その後、下痢の症状があるわけですが、乳幼児の場合は特に
下痢による脱水症状が心配されます。

もし、

・目がうつろで意識がはっきりしているか分からない。

・唇が乾いて赤みがない。舌がべたつく。

・顔色が悪く疲れた表情。

・手の甲や肌がカサカサ。

などの症状が出た場合は、早急に診察をうけましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ