喉が痛いのは風邪か病気か?痛みの原因と対処法について

main 風邪をひいてしまった時に、必ずと言っていいほど現れる症状が

『喉の痛み』

ではないでしょうか。

 

喉が痛くなったら、なにかしら対策をとらないと
痛みは増すばかり。

食べ物や飲み物、唾液も飲み込めないほど痛くなることが
あります。

食べることができなくなるとパワーはなくなり、
元気も出なくなりますね。

 

喉の痛みは、喉の粘膜の抵抗力が落ちて
炎症が起こることが原因で現れます。

また、咽頭がんアレルギーなどでも、喉の痛みは現れます。

 

今回は、一般的によく見られる喉の痛みの原因や、家庭でできる
痛みに対するちょっとした対策をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク


喉が痛くなる原因

喉の痛みと言っても、原因は様々です。

つらい喉の痛みが現れる原因には、どのようなものが
あるのでしょう?

 

■風邪

喉の痛みで一番多い原因は、風邪による症状です。

喉についたウイルスや細菌が原因で炎症を起こします。

 

■扁桃炎

扁桃の部分にはもともと多くの細菌がいて、

・気温の変化

・疲労

・ストレス

・風邪

などで抵抗力が落ちている時に、細菌が活発になって
炎症を起こし、喉が痛くなります。

 

■喉の粘膜の乾燥

喉の粘膜が乾燥すると、喉の粘膜にある線毛の働きが悪くなって
粘膜に炎症が起き、喉が痛くなります。

 

■タバコや飲酒

タバコを吸うことによって、喉頭を刺激し喉の痛みを
起こします。

また、酒の飲みすぎで喉の粘膜を傷つけ、粘膜に炎症が
起き喉が痛くなります。

 

一般的に喉の痛みの原因としては、上記のケースが
考えられます。

中には、日常生活の改善で予防できそうなことも
ありますね。

 

家庭でできる喉の痛みをやわらげる対策

喉の痛みが強い場合や発熱などの様々な症状を伴うときには
病院で処方された薬を飲むことが一番良いと思いますが、
病院の処方薬と同時進行したり、風邪のひき始めなどに

家庭でできる「喉の痛みをやわらげる対策」

を集めてみます。

◇うがい

うがいは、喉の痛みがある時だけでなく、日常の習慣に
できるといいですね。

 

毎日の習慣でうがいをして予防することも大事ですが、今回は、
喉の痛みによいとされるうがいの方法を3つ紹介します。

 
・紅茶でうがいをする
紅茶には、抗ウイルス作用があると言われているカテキン
緑茶の2~3倍含まれています。

 

また、紅茶の成分ポリフェノールには、殺菌作用がある

「テアフラビン」

が含まれています。

 

やり方は、普段飲む紅茶の2倍ほどに薄めてうがいをします。

 

スポンサードリンク



・塩水でうがいをする
には、抗菌作用があると言われています。

塩でうがいをすることで、ウイルスや細菌を殺菌し、
洗い流す効果があります。

 

やり方は、コップ1杯ほどの水に小さじ1弱の塩を入れて
塩水を作り、うがいをします。

 
・イソジンうがい薬でうがいをする
処方されたものや、市販のうがい薬でうがいをします。

 

おすすめはやはりイソジンうがい薬ですね。

⇒イソジンうがい薬C(株式会社 明治)
効果的なうがいの方法
1回目は、口の中をすすぎ食べかすや細菌を吐き出します。

2回目は、少し上を向いてガラガラと声を出しながら
しっかりとうがいをします。

 

口の中でブクブクするだけで吐き出すのではなく、
少し上を向いて、しっかりとガラガラゴロゴロと
うがいをしましょう。

 

◇生姜はちみつ湯

生姜には、喉の痛みをやわらげる効果があり、

はちみつには殺菌効果があります。

 
生姜はちみつ湯の作り方
お湯150~200ml、おろし生姜小さじ1、はちみつ大さじ1を
混ぜます。

生姜は体を温める効果もあります。

 

◇はちみつ大根

大根には消炎作用があるので、喉の腫れに効きます。

はちみつには殺菌作用があります。

 
はちみつ大根の作り方
大根は皮をむき、適当な大きさの角切りにします。

大根を容器に入れて、その上から大根が浸かるくらいの
はちみつを入れます。

 

数時間から一晩くらい置いて、大根から出た汁とはちみつを
混ぜて飲みます。

 

◇マスク・加湿器

マスクで保湿しましょう。

また、加湿器を使って喉の湿度を保ちます。

 

◇のどぬ~るスプレー

市販品ののどぬ~るスプレーはのどの痛みにとても
効果があります。

 

のどぬ~るスプレーには殺菌、消毒効果があります。

喉の腫れや痛みを鎮めてくれます。

⇒のどぬ~るスプレー(小林製薬株式会社)

 

切ったネギを首にまくのは効果ある?

切ったネギを首に巻くと、風邪やのどの痛みに効果があるという
話しを聞いたことありませんか?

ネギは「ネギオール」という成分を含んでいますが、
この成分には、抗菌作用や殺菌作用や抗ウイルス作用があり、
喉の炎症を抑えるそうです。

 

やり方は、ネギの白い部分を10cmの長さに切って
しんなりするまで火であぶり、ガーゼで包んで
喉に巻きます。

この方法は、昔からよく聞きますよね。

 

しかし、喉の痛みをやわらげる成分は、皮膚からは
吸収されないので、医学的には根拠がないとも
言われているようです。

もし興味があったら、是非試して感想を聞かせてくださいね。

 

まとめ

家庭でできる喉の痛みの対策法は、空気が乾燥して、
風邪が流行するこれからの季節には予防対策にも
なりますね。

 

家庭でできる対策法は、効き目の感じ方が人によって個人差が
でると思いますが、試してみる価値はあると思いますので、
自分にできそうなものを試してみてくださいね。

 

ちなみに試してみた乾燥としては、「はちみつ大根」は
臭いが嫌だと言う方もいるかもしれませんが、少しの間、
喉の痛みがやわらぎます。

また、生姜はちみつ湯は、体も温まりますので、一息つく
ティータイムなどに取り入れてみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ