咳が止まらない痰が絡むのは何の病気?痰の色や症状と原因について!

main
何となくだるい、咳がしつこく続いているなどといったことはありませんか?

咳は、異物の侵入などによって気道粘膜が刺激され、気管が収縮することで起こります。

痰を伴わない乾性咳痰を伴う湿性咳があります。

咳を伴う疾患といえば、風邪症候群細気管支炎咳喘息間質性肺炎など様々です。

ちょっとした風邪程度なら、少なくとも3週間もあれば、咳は消失します。

 

ところが、咳がしつこく止まらない期間が8週間を越えてくると、要注意です。

肺炎肺がんなど、軽視できない病気が潜んでいるかもしれません。

そのようなときには、早急に医療機関で受診してください。

咳に伴って痰が絡んでいる場合は、痰の色も診断の目安になりますから、受診の際には、医師に伝えておきましょう。

 

今回は、咳が止まらず痰が絡む場合に考えられる病気についてご紹介いたします。

スポンサードリンク



咳が止まらず痰がからむ原因となる病気

咳が止まらず痰がからむ原因として、今回は下記の病気をご紹介します。

・細菌性肺炎
・肺がん
・慢性閉塞性肺疾患(COPD)
・肺結核
・気管支拡張症
・副鼻腔炎

これらの原因や症状、そして痰の色などチェックポイントを紹介していきます。

 

細菌性肺炎

細菌性肺炎は、一般細菌が気道から肺胞に侵入し、肺に急性の炎症を起こすことが原因で発病します。

一般的に「肺炎」といわれている疾患で、日本では高齢化が進み、三大死因(がん・心疾患・肺炎)の一つにあげられています。

肺炎には、病院で入院中に感染して起こる「院内肺炎」と病院外で起こる「市中肺炎」があります。

免疫力が低下していると、肺炎を起こしやすく、重症化する危険性が高まります。

 

細菌性肺炎の原因は?

原因となる細菌とは、肺炎球菌インフルエンザ菌黄色ブドウ球菌クレブシェラ菌などです。

ときには、A群溶血性連鎖球菌肺炎桿菌レジオネラ菌などが原因となることもあります。

院内肺炎の代表的な原因菌はMRSA(耐性黄色ブドウ球菌)緑膿菌です。

市中肺炎の主な原因菌は肺炎球菌で、インフルエンザや風邪症候群から肺炎に移行することが多いようです。

そして、これらの細菌のいずれかが気道を通って肺胞に侵入すると(経気道感染)肺炎を発症してしまうのです。

 

細菌性肺炎の症状は?

主な症状は、39度前後の発熱悪寒激しい咳膿性の痰などです。

咳があまりにも激しいときには、胸に痛みが走ります。

また、胸膜にまで炎症が拡がる(胸膜炎)と、強い胸痛が生じます。

痰は、黄色や緑がかった色の痰がでます。

頻度は少ないですが、血痰がみられることもあります。

重症化すると、呼吸困難やチアノーゼ(顔や唇が紫色になる)、意識障害に陥ります。

 

細菌性肺炎のチェックポイント

「1週間以上発熱が続いている」

「咳や痰が長引いている」

このような場合は、肺炎かもしれないので早めの受診がお勧めです。

スポンサードリンク


肺がん

肺がんは、年々増えており、50~60歳代の人に多発しています。

検診によって早期発見される機会が多くなったというものの、まだまだ進行してしまってから見つかることが多いようです。

肺がんには、小細胞肺がん非小細胞肺がんがあります。

小細胞がんは転移が早く、進展型の場合、余命は10ヶ月未満といわれています。

非小細胞肺がんは、初期に手術を受けても生存率が70%前後と他の癌に比べて低いようです。

 

肺がんの原因は?

確実な原因はわかっていませんが、喫煙大気汚染職業汚染などが関係しているのではないかと考えられています。

中でも「喫煙」「受動喫煙」が代表的です。

アスベストアルミニウムヒ素なども原因の一つにあげられています。

 

肺がんの症状は?

肺がんの主な症状は、胸部痛背部痛呼吸困難などです。

肺がんの初期に最も多くみられる症状は、空咳(乾性咳)です。

空咳が1ヶ月以上続く中、喀痰が現れるようになります。

そのうち、症状が進行すると、僅かな血液や糸のような血栓が混ざった「血痰」になります。

癌が進行して胸壁に浸潤すると胸部痛や背部痛が起こります。

胸水が溜まると、肺が圧迫され、呼吸困難に陥ります。

また、癌が転移すると、目のかすみや頭痛など、肺とは直接関係のない部位にも症状が現れることがあります。

 

肺がんのチェックポイント

「1ヶ月以上空咳が続く」「平熱」「喀痰がでる」ときには、肺がん初期かもしれません。

早期発見のためにも、早めの受診がお勧めです。

 

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

慢性閉塞性肺疾患とは慢性気管支炎肺気腫などの病気の総称で、気道閉塞がみられる疾患を示します。

喫煙を継続してきた中高年に多く発症しています。

 

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の原因は?

慢性閉塞性肺疾患の原因として、長期的な喫煙大気汚染体質呼吸器系疾患加齢などがあげられます。

中でも「喫煙」が最も多くしめています。

タバコの煙を吸い続けると、徐々に肺胞壁が破壊され、肺機能が低下し、ガス交換がスムーズに行えなくなります(肺気腫)

また慢性的に気管支に炎症が起きると、粘液の量が増え、それが気管支に溜まり気管支を刺激して咳を誘発します(慢性気管支炎)

 

肺気腫の症状は?

初期には、階段の昇降時や歩行時に息切れを感じる程度です。

肺気腫によって慢性気管支炎が誘発されると、慢性的な激しい咳や大量の痰が現れるようになります。

喘鳴を伴うこともあります。

肺気腫が進行すると、息を吸うことは問題ありませんが、息を吐くことが困難になります。

そのため、肺に空気が溜まってパンパンに膨らんでしまい、呼吸困難に陥ります。

また、ばち指(爪が上向きになったり丸みをおびる)になったり、チアノーゼを引き起こします。

さらに悪化すると、心臓に障害が起きる(肺性心)こともあります。

 

慢性気管支炎の症状は?

痰を伴う咳が1年のうち3ヶ月以上にわたってみられ、その状態が連続して2年以上続くと慢性気管支炎です。

慢性気管支炎になると、咳が激しくなり、痰の量が過剰になります。

痰は粘性があり、白色ですが、症状が悪化してくると膿のような黄色っぽい痰に変わります。

更に進行すると、呼吸困難に陥ったり、心臓に障害(肺性心)が起きることがあります。

高齢者の場合は、心不全になる危険性があります。

 

慢性閉塞性肺疾患(COPD)のチェックポイント

「息切れが徐々にひどくなる」「咳が続く」「異常な量の痰がでる」ときは慢性閉塞性肺疾患かもしれません。

慢性気管支炎は、完治することが少ない難治性の病気の一つといわれています。

早期発見、早期治療が重要です。

スポンサードリンク


肺結核

肺結核は、結核菌に侵されることで引き起こる慢性の感染症です。

以前は、死亡率の高い恐ろしい病気といわれていましたが、今では治癒することができ、死亡率も低下しています。

結核菌に感染しても、健康体であれば、他の感染症のように即座に発病するわけではありません。

また、肺結核の初期症状といえば「無症状」が一般的なので、胸痛や喀血がみられて初めて結核に気づくことが多いです。

 

肺結核の原因は?

結核に感染している人のくしゃみによって感染します(飛沫感染)

健康体の人が結核菌を吸い込んだ場合、結核菌は免疫によって抑止され冬眠状態になるため、発病しません。

ところが、体力や免疫力が低下すると、抑止されていた結核菌は即座に肺の中で増殖を活発におこなうため、発病します。

 

肺結核の症状は?

初期症状は、無症状から始まり、そのうちに、発熱(37~38℃)がみられます。

風邪とよく似た症状ですが、肺結核の場合、自然治癒することなく、2週間以上ダラダラと続きます

また、胸痛呼吸困難などの症状とともに、食欲不振倦怠感寝汗体重減少など全身症状がみられます。

発汗や震え、顔面紅潮などが伴うときもあります。

痰の色は黄色緑色ですが、進行するにつれて茶色がかった血痰が現れるようになります。

 

肺結核のチェックポイント

「咳や痰、発熱が2週間以上続く」場合は、風邪だと自己判断せずに医療機関で受診しましょう。

適切な治療を施さなければ、結核菌が肺の組織を破壊したり、他の臓器に影響を及ぼし、命に関わる危険性があります。

 

気管支拡張症

気管支拡張症は、弱くなった気管支壁が半永久的に拡張し、元に戻らない状態になる疾患です。

気管支の一部が拡張すると、そこに痰が溜まり、細菌が繁殖しやすい状態となり、気管支炎や肺炎などを誘発します。

男性に比べて女性に多くみられます。

 

気管支拡張症の原因は?

気管支拡張症の原因には、先天性(生まれたときから気管支が拡張している)と後天性があります。

後天性の場合には、次のような原因が考えられます。

気道感染を繰り返して起こしていると気管支拡張症になってしまいます。

また、幼少期に感染した百日咳や肺炎、麻疹の後遺症として気管支拡張症になってしまうことがあります。

青年期以降では、肺炎や肺結核、肺化膿症によって気管支が拡張してしまうことがあります。

 

気管支拡張症の症状は?

気管支の拡張のレベルによって症状は違いますが、一般的には、膿性の痰喀血肺炎を繰り返します。

発熱全身倦怠感体重減少などを伴うこともあります。

痰は、黄色緑色をしており、多い時には、一日に100ミリリットル以上溜まります。

症状が進行すると、血痰がでることもあります。

痰が拡張した気管支に溜まると感染を引き起こし、その結果、肺炎を繰り返されます。

気管支が炎症を起こすと喀血しますが、その量は微量から窒息するほどの大量まで様々です。

 

気管支拡張症のチェックポイント

気管支拡張症を患うと、大量の「膿性の痰」が現れます。

痰は咳と一緒にでることが多いそうです。

朝は、就寝中に溜まった痰がでるので、特に量が多いです。

自発的に痰を吐きだすなど、感染の慢性化を抑制するためにも、医師から適切なアドバイスをもらうことがお勧めです。

 

副鼻腔炎

副鼻腔炎とは、副鼻腔に炎症が起こることで発病します。

副鼻腔は、空洞で、特別な働きを担っているわけではありません。

頭部の重さを軽減するための空洞部分です。

副鼻腔は鼻腔につながっています。

鼻腔は、吸い込んだ空気を温め、湿気を与えて肺に送っているところです。

鼻腔に炎症が起きると、繋がっている副鼻腔にも影響を及ぼしてしまいます。

 

炎症が慢性化してしまうと、副鼻腔炎を発症してしまいます。

副鼻腔炎には、急性副鼻腔炎慢性副鼻腔炎があります。

急性副鼻腔炎は4週間程度で症状が消失します。

膿が副鼻腔に3ヶ月以上溜まった状態が慢性副鼻腔炎です。

 

副鼻腔炎の原因は?

副鼻腔炎の原因は、風邪のウイルス細菌アレルギー(花粉症など)偏食歯の炎症大気汚染ストレスなどがあげられます。

中でも、風邪のウイルスが代表的な原因です。

風邪によって、鼻水や鼻詰まりの症状が長引いたり、鼻腔粘膜の炎症が副鼻腔まで拡がると副鼻腔炎を引き起こします。

花粉症など習慣的に起こるアレルギー症状が原因で副鼻腔に炎症をもたらすこともあります。

 

副鼻腔炎の症状は?

鼻腔粘膜が炎症を起こすことで、黄色い粘性のある鼻水鼻詰まり嗅覚の低下いびきなどの症状が現れます。

鼻が詰まると、口で呼吸するようになるため、その結果、咳を誘発したり、風邪を引きやすくなります。

扁桃腺炎になることもしばしばみられます。

 

また、鼻詰まりによって質の良い睡眠がとれず、倦怠感や疲労感が続きます。

副鼻腔に膿が溜まると、頭痛頬痛が現れます。

膿の混じった黄色い鼻水が鼻から喉に落ちていくため(後鼻漏)、痰や咳を誘発します。

 

痰は黄色い色をしていますが、副鼻腔炎が進行すると、鼻水が膿性の緑色に変化するので、それによって痰も緑がかってきます。

副鼻腔の炎症が目に拡大すると、視力に障害が現れます。

また脳に拡大すると意識障害が生じることもあります。

 

副鼻腔炎のチェックポイント

急性副鼻腔炎が慢性化すると慢性副鼻腔炎に陥ってしまいます。

まずは急性副鼻腔炎の間に、適切な治療を受けましょう。

「頬や鼻のあたりに痛みが生じる」「粘々とした膿性の鼻水がでる」「口臭が気になる」ときには副鼻腔炎を疑ってみてください。

 

まとめ

咳や痰といえば、風邪のように判断してしまうことが多いですね。

ところが、怖い病気が潜んでいることもあるのです。

「風邪は万病のもと」ともいわれるように、ちょっとした症状でも「風邪」だと片づけず、よく観察することが大切です。

早期発見・早期治療のためにも、早めの受診がお勧めです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ