切迫流産の症状!妊娠初期の出血は?治療は入院か自宅で安静?

YOU_DSC_0834 そもそも流産とは、妊娠したにもかかわらず、妊娠の早い時期に
赤ちゃんが亡くなってしまうことをいいます。

22週より前に妊娠が終わることをすべて「流産」といい、
妊娠12週未満の早い時期での流産が多く80%を
占めているそうです。

 

流産にはいろいろな種類があるのですが、胎児が子宮内に
残っており、流産の一歩手前の状態を「切迫流産」といいます。

「切迫流産」は妊娠継続の可能性があるともいわれています。

スポンサードリンク



切迫流産の原因は?

妊娠初期における流産の原因は、胎児の染色体異常であることが
ほとんどですが、切迫流産に関しては、他にも

◆受精児の異常

◆多胎妊娠

◆血液の免疫の異常

◆子宮の異常や病気

◆体の冷えやストレス

など、いろいろな原因が考えられます。

 

切迫流産の症状は?

切迫流産の兆候としては、妊娠初期に少量の出血や軽い腹痛を
感じる時があります。

妊娠初期は母子共に不安定な状態であるため、不正出血は
少なくありませんが、少量の出血が継続的にみられたり、
下腹部痛が起きたらすぐに病院で受診しましょう。

スポンサードリンク


切迫流産の治療法は?

現状では「切迫流産」を治す方法はありません。

安静にしていることが最も効果的とされています。

 

受診した際に、

赤ちゃんの心拍をしっかり聞くことができれば「自宅で安静」

心拍に異常があれば「入院管理」

となります。

 

出血や腹痛の症状を緩和するのに、止血剤や子宮収縮抑制剤が
用いられます。

お腹の張りがあるときには張り止め薬も使われます。

しかしこれらは緩和するだけなのです。

自宅で横になり、安静にするほかないのです。

 

切迫流産の予防法は?

最近ではお仕事をしながらの妊娠生活を送るママが
増えています。

 

以下のようなお仕事についている方は、心身への負担が
他のママより大きいので気を付けましょう。

◆激しい運動をする仕事:インストラクター・スポーツ選手

◆重いものを運ぶ仕事:配送・保育士・看護師・介護士等

◆長時間歩く仕事:営業職等

◆長時間立ち続ける仕事:調理師・販売職・美容師・工場のライン等

◆ストレスの多い仕事:システムエンジニアの編集職・設計士

 

赤ちゃんの命を守れるのは母親だけですので、
決して無理することはやめましょう!

 

参考

切迫早産については、下記の記事を参考にしてください。

「切迫早産の症状と原因は?入院の費用と保険について 」

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ