充血の症状は緑内障?原因は?遺伝性と白内障との違いは?

images ご存知の人も多いかもしれませんが、緑内障には二種類あります。

 

慢性緑内障急性緑内障です。

 

慢性緑内障は症状がかなり進行しないと自覚症状がありません。

慢性緑内障の症状の特徴は、視野の一部が見えなくなる
視野欠損です。

しかし、日常両目を使って見ているために、片方の眼に
見えない部分があっても異常に気付かないことが多いのです。

異常に気が付いた時にはかなり進行していることもあります。

 

もう一つの急性緑内障は、急激に眼圧が上昇して発症し、

頭痛や吐き気、

眼痛、

充血

など激しい症状があらわれます。

 

症状の特徴では、黒目の周りに充血が起きたら急性緑内障の
疑いがあります。

スポンサードリンク



緑内障の原因

緑内障の原因は、房水の分泌と排出のバランスが崩れて
眼圧が高くなり、視神経障害が起こることが原因と
言われています。

しかし、眼圧が正常でも視神経がその圧力に耐えられなくて、
障害が起こる場合があります。

 

つまり人それぞれの体質により発症する人と
そうでない方がいるそうです。

 

遺伝性の有無

日本では、40歳を越えてくると100人に3人は緑内障を発症すると
いわれています。

 

しかし、家族や親戚の方に緑内障の方がいるからといって、
その家系の方が必ず緑内障になるわけではありません

発症した方と全く体質が同じであれば発症の可能性も
高くなりますが、やはり個人の体質によって相違するので、
定期的に検査することが大切です。

 

白内障との違いは?

よく緑内障と白内障を混同してしまう人もいます。

しかし、緑内障と白内障は全く別の病気になります。

 

白内障は眼の中の水晶体(レンズ)が濁ることにより起こります。

かすんで見えたり、ぼやけて見えたり、目に入ってきた光が
乱反射し、非常にまぶしく感じる症状もあります。

 

白内障と緑内障の大きな違いは、白内障は基本的に手術をすれば
視力は回復します。

 

しかし緑内障は一度視神経に障害を受けると、二度と元には
戻らないのです。

そのために早期発見と早期治療が必要なのです。

スポンサードリンク


緑内障の予防策

眼圧を高める行為を避けること
緑内障の予防策としては、眼圧を上げないようにすることです。

逆立ちなど頭に血が上がる動作、首周りを締め付ける行為を
避けましょう。

 

眼圧の上昇を防ぐのに効果的なものとして、ジョギングや
ウォーキング、ストレッチなど体への負荷が軽く血流が
促進されるといわれます。

予防として日常的な運動は効果的です。

 
視神経を強化すること
眼に良い栄養成分を積極的に取り、視神経の強化をしましょう。

 

期待できる栄養成分としては、

ブルベリーエキス(アントシアニン)、

カシスエキス(ルテイン)、

アワビの貝殻エキス(コリン・コンキオリン)

があります。

 
定期的に検査を受けましょう
初期症状がないので、定期的に眼圧、眼底、視野などの検査を
受けて早期発見できることが大切です。

 
まとめ
緑内障の怖さは、症状が気づきにくく、気が付いた時には
既にかなり進行してしまっている場合が多いことです。

自分は大丈夫と考えず、少しでもおかしいなと思ったら、
早期に受診しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ