不正出血や痛みは?子宮頸がんの初期症状とセルフチェック!

slide_2 子宮がんには「子宮頸がん」「子宮体がん」があります。

 

日本では子宮頸がんが圧倒的に多く占めていましたが、昨今では、
子宮体がんも増加傾向にあります。

子宮頸がんは20歳代から、子宮体がんは40歳代から増え始めます。

 

これらの癌は、初期症状がほとんど現れないため、
「検診」によって発見されることが多いです。

 

今回は、若いうちから注意すべき「子宮頸がん」について
ご紹介いたします。

スポンサードリンク



子宮頸がんとは

子宮頸がんは治癒率の高い癌で、進行期0期で発見されれば、
100%完治します。

20歳代から増え始め、30歳代後半に最も多く発生しています。

 

子宮頸がんは、セックスと関係が非常に深く、性経験のない人には
ほとんど発病することがないといわれています。

 

子宮頸がんの原因は?

子宮頸がんは

ヒト・パピローマウイルス(HPV)

が原因で発症すると考えられています。

 

ヒト・パピローマウイルスは、男性のペニスに潜んでいる
ウイルスで、セックス時に子宮の入り口付近の細胞に
感染します。

ヒト・パピローマウイルスには、性経験のある女性の半数以上が
一度は感染しているといわれています。

 

しかし、多くはウイルスが自然に排除されるため、
発病に至りません。

ところが、排除されずに長期的に感染状態にあると、子宮頸がんを
発症してしまう危険性が高まります。

 

子宮頸がんの初期症状とステージ

0期(非常に初期の癌)の場合、ごく稀に性交の後に
出血することがありますが、ほとんどの場合、自覚症状は
全くありません。

 

Ⅰ期(癌が上皮に留まらず下の組織に湿潤している早期の癌)
になると、ピンクや茶褐色のおりもの(不正出血)が
増えてきます。

性交後の出血もみられます。

 

0期やⅠ期では、生理不順程度にしか感じられないことが多く、
見逃してしまいがちになります。

 

子宮がん特有のおりものは?臭いは?

癌が進行すると、おりものの色が黄色茶褐色になることが
あります。

 

また、子宮内の癌細胞が壊死したり腐敗菌が繁殖するため、
おりものが膿や肉汁のようになって悪臭を放つようになります。

 

痛みは?

Ⅲ期(癌が子宮外口に進展し骨盤壁にまで達しているか、膣壁の
下3分の1まで湿潤している)になると、骨盤底を走っている神経が
癌に圧迫されるため、腰痛や下腹部痛、足痛が現れたり浮腫みを
生じます。

 

また、癌が尿管に湿潤すると、尿が出なくなったり、尿毒症を
合併することがあります。

 

Ⅳ期になると、癌が膀胱や直腸に湿潤し、血尿や血便、
排尿痛などが現れたり、肝臓や肺、骨に転移して、
治癒することが困難になります。

スポンサードリンク


子宮頸がんのセルフチェック

子宮頸がんの初期には、自覚症状が全く現れないため、
日々のセルフチェックが重要となります。

 

「おりもの」「不正出血」「痛み」は子宮からの
重要なサインです。

 

セルフチェックとして、

〇生理不順

〇生理の期間が長びく

〇不正出血の有無

〇セックス後の出血

〇閉経後の出血

〇おりものの濁りや変色

〇おりものの臭い

〇おりものの量が増える

〇セックス中の痛み

〇下腹部の痛み

〇腰痛

〇下肢の痛み

〇骨盤の痛み

〇血尿、血便、排尿痛  

など、上記の症状に注意しましょう。

 

生理不順はストレスなどが原因でも起こりがちですが、
子宮頸がんの初期にもあり得る症状ですから気を付けましょう。

 

特に不正出血は、要注意です。

 

通常、おりものは、無色(透明~白色)、無臭ですから、
おりもの観察は必須です。

おりものから悪臭が放ったり、腰痛や下肢に痛みが出たときには、
癌が相当進行しています。

 

手遅れにならないように、まずはおりものの色が変色した時点で、
検診を受けることが望ましいです。

 

上記のような症状が現れたら、早めに医療機関で受診しましょう。

早期発見・早期治療が完治に結び付きます。

 

まとめ

癌といえば、中高年に発症しやすいと思われがちですが、
決してそうではありません。

子宮頸がんは、他の癌と違って、ウイルス感染症ですから、
性経験をした人は誰でも罹る可能性があります。

 

子宮頸がんを誘発する危険因子には、

「性体験が早期(15歳以下)」

「複数の性交対象者がいる」

「性交対象者が包茎」

「セックスの前に入浴などをせずに不潔な状態で性交渉をおこなう」

などが挙げられます。

 

からだを清潔にすることなどは、ちょっとした心がけで
おこなえることですから、自分自身でもからだを守るように
しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ