下痢、嘔吐、発熱などの症状は注意!子供や高齢者の熱中症対策は?

子供や高齢者の熱中症におすすめの対策は?

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_m
熱中症とは、暑さで体温がコントロールできなくなり、
体の中に熱がたまって体温が上昇することで起きる
体の不調の事です。

夏の暑い時期だけに発症すると思われがちですが、冬でも
エアコンによって暖かい部屋などで起きることもあります。

スポンサードリンク



熱中症になりやすい時期や体の状態は?

以下の条件を満たす時期になりやすい傾向があります。

急に気温が上がった

気温が高い

室温が高い

風がない、もしくは弱い

 

暑い日に運動したり、暑い部屋に居たりするだけ、
暑いと思わない気温や室温でも、その人の体調や病気、
水分の取り方でも熱中症をおこすことがあります。

暑い夏だけに起こるわけではありません。

熱中症にかかったことがある人は、あの時は暑かっただけでなく、
睡眠不足や飲みすぎ・疲れなど自分の体調不良があったことを
思い出すかもしれません。

 

熱中症の種類と原因

熱中症には2種類あります。

気温が異常に上がりそれが何日も続いて、外から入ってくる熱が原因の場合

このような時は高齢者や赤ちゃん乳幼児に注意が必要です。

高齢者は冷房を使わなかったり水分あまりとらない事があります。

また、赤ちゃんや乳幼児は大人よりも体温が高く、具合が悪くても
言葉で伝えることができないからです。

 

赤ちゃんや乳幼児が、

ぐずって泣く

ぐったりしている

顔が赤い

呼吸が早い

抱くと体が暑い

などの症状があったら熱中症の場合も考えられます。

 

スポーツや高温環境での運動、屋外労働など暑い中無理に体を動かすことが原因で起こる場合

私たちの体には体温調節機能があります。

暑いときには汗をかいて体から熱を逃がして体を
冷やそうとします。

大量に汗をかいてしまうと体内の水分や塩分のバランスが
崩れたりする事によって、熱中症がおこります。

 

熱中症の症状と対応

1. 軽度での初期症状

現場で処置できるケースです。

 

症状としては、

めまいや立ちくらみ

筋肉のけいれん(こむらがえり)

頭痛

吐き気

体がだるく力が入らない

集中力、判断力が落ちている

などが挙げられます。

 

熱で意識がもうろうとしてきて、自分の状態を判断できないまま
急に意識を失うことがあります。

 

2. 軽度での対応

暑い所で過ごしていてめまいや立ちくらみなどの症状が出たら、
日の当たらない涼しい日陰に移動して、休憩を取りましょう。

その時に意識ははっきりしているか、自分で口から水を
飲むことができるかを確認しましょう。

そして、首の部分などがきつく締まる服装は熱が逃げにくいので、
服を緩めて、頭を高くして寝かせ、冷やしたタオルや氷で
体を冷やします。

急でない場合は、冷えた缶ジュースの缶があればそれを使い、
首の前側・わきの下・足の付け根などの太い動脈の通った部分を
冷やします。

その後水分補給をさせましょう。

一気に飲ませると吐くことがあるので、少量ずつ飲ませましょう。

スポンサードリンク


3. 中等症での症状

この状態になると病院にかかる必要があります。

 

症状としては、

大量の汗

頭痛

めまい

吐き気や嘔吐

下痢

体がだるい

体温が39度以上

などがあります。

 

頭痛は水分補給不足が1番の原因です。

下痢や嘔吐は体内の水分・塩分ミネラルのバランスが
おかしくなって、塩分ミネラル濃度が薄くなってしまうので、
濃度を上げるために水分を体の外に出そうとしておきます。

 

4. 中等症での対応

濡れタオルや氷などを当て体の太い動脈の通っている部分を冷やす

足を高く上げて寝かせ手足の末端から中心に向けてマッサージをする

病院へ連れて行く

この他、吐き気やお嘔吐があると水分が取れないので、
点滴を受ける必要があります。

 

5. 重症での症状

この状態は、命にかかわる危険があるので救急車を呼ぶ必要があります。

 

症状としては、

汗が出ない

口から水分補給ができない

けいれん

意識障害(話しかけても反応が普通ではない、会話の様子がおかしい)

肌が赤くほてった状態

体温が40度以上

になります。

 

6. 重症での対応

熱中症がどんどん進行していくので、無理をさせずにすぐに
病院に行くか救急車を呼びましょう。

過度の高体温の場合は脳機能不全、

意識障害の場合は体温調節機能が働かなくなって
死に至るケースもあります。

 

診察を受ける病院は内科、重度の場合は救急外来で
血液検査ができる病院を受診しましょう。

 

病院での治療は程度にもよりますが、点滴で
水分補給を行ったり、氷枕冷水マットで体を冷やす、
冷水での胃洗浄で体温を下げたりします。

 

熱中症の対策と予防

暑さに負けない体作りが重要です。

普段から運動などをしてる人は、適度に汗をかく習慣が
ついているので、熱中症にかかりにくい体ができています。

健康管理・体調管理にも気を付けましょう。

 

涼しく過ごせる服装(通気性の良い物・汗を吸収してくれるもの)
をしたり、帽子をかぶる・首に水で濡らしたりするクールネクタイ
をするなどを使って、なるべく暑さを避けて過ごす。

 

汗と一緒にミネラル分も体から出てしまうので、こまめに
水分と塩分などのミネラルを補給しましょう。

水分をとっても塩分を適度に補給する必要があります。

塩飴やスポーツドリンク麦茶などミネラルを補給できるものを
口にするといいでしょう。

屋外での作業やスポーツをしているときなどは、こまめに
補給する必要があります。

スポンサードリンク


熱中症予防の食事

夏場は食が細くなり、そうめんのような食べやすいものだけ
食べることが多くなりますが、そうめんは炭水化物なので、
それをエネルギーに変えてくれるビタミンB1が必要に
なってきます。

ビタミンB1は豚肉・豆腐・納豆といった大豆製品や玄米のなどに
多く含まれているので一緒に食べるとよいでしょう。

 

ビタミンCも免疫を高めてくれたり、ストレスの抗体を
作ってくれるので積極的採りましょう。

赤ピーマンなどカラフルな食材に多く含まれます。

熱に弱いので栄養面を考えると生で食べることをお薦めします。

 

疲れの原因の乳酸の発生を抑えてくれるクエン酸を取るのも
効果的です。

梅干し・レモン・グレープフルーツなどに含まれます。

どれか1つを取るのではなくバランスよく食事をすることが
大切です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ