ランニングで足に痛みが!膝や靭帯の外側の痛みの原因は?

12923467_膝が痛い 走っている時に、急にカクンと関節が外れたような膝に
力が入らなくなり、膝の外側がズキッと突然痛み出した
経験はありませんか?

膝の外が痛む原因としては、運動や膝の疲労からくるものが
多いと言われています。

 

私は、東京マラソンに1回だけ出たことがあるのですが、
その時によいタイムをと欲を出しすぎて、2週間前に膝を
痛めてしまいました。

冷やしたり、いろいろと治療しましたが思うような結果を
出せず、涙をのんだ経験があります。

 

ランニングで一番負担が大きい部分は足首もありますが、
やはりダントツで膝だと私は思います。

 

運動が原因で膝が痛いと感じる病気の代表に、

腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)、

別名、ランナーズニーと呼ばれるものがあります。

 

今回はそのランナーズニーについて具体的にご紹介します。

スポンサードリンク



腸脛靭帯炎の症状について

初期症状としては、ランニング後に少しズキズキとした痛みが
発生しますが、休むとスーッと消失します。

しかし、重症になるについれて痛みは簡単に消失しなく
なってきます。

 

痛みが発生するのは、足が曲がった状態から伸びた状態になる
タイミング、つまり地面を蹴った時になります。

 

走る前と走り始めてすぐはなんともないですが、
数キロくらいすると痛み出はじめ、すぐに激痛にかわり、
全く走れなくなります。

走るどころか、歩くだけでもかなり痛みが発生するように
なります。

スポンサードリンク


痛みの原因は?

簡単にいうと、膝を酷使しすぎることが主な原因となります。

その他、O脚の方も膝への負担が大きいのでなりやすいと
言えます。

 

ランニングなど膝の曲げ伸ばし運動を繰り返すことによって
靭帯が大腿骨と何度も擦られ、炎症を起こし痛みが発生します。

 

曲げ伸ばしによって起こるので、ジョギングだけでなく

サイクリングや登山、

バスケなどのスポーツ

も注意しなくてはいけません。

 

腸脛靭帯炎の治療法は?

まず、やってはいけない治療法をお伝えします。

テーピングで固定し痛みを我慢しつつトレーニングや
ストレッチなどはNGです。

 

まずは膝を休めることが第一です。

これらは絶対やってはいけません!

悪化してしまいますよ。

 

スポーツマッサージや、鍼治療アイシング電気治療など
治療法は病院によって様々です。

お医者様としっかりと相談して決めてくださいね。

 

ですが、治療を1か月以上頑張っても、痛みが軽減しないようで
あれば、その治療法があなたに合っていない可能性があります。

1ヶ月を目安に経過観察を行ってください。

 

無理をすれば、一生走れなくなります。

走る喜びを胸に、ちゃんと完治させてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ