ヘルパンギーナの子供の症状は?流行の時期は?

gatag-00003381 7月も後半に差し掛かりましたが、いまだに子供たちの間では、
ヘルパンギーナによる感染が一部で広がっています。

今年は手足口病とあわせて猛威を振るっており、学級閉鎖になる
小学校も報告されているようです。

スポンサードリンク




ヘルパンギーナは、発熱と口腔粘膜にあらわれる水疱性の発疹を
特徴とした急性ウイルス性咽頭炎で、乳幼児を中心に夏に
流行します。夏風邪の代表疾患です。

 

原因ウイルスの多くは

「コクサッキーウイルスA型」

で、他には

「コクサッキーウイルスB型」、

「エコーウイルス」

などがあります。

 

ヘルパンギーナの症状

2~4日の潜伏期ののち、突然の高熱で発症します。

熱は1~4日続き、口蓋弓、口蓋垂(のどちんこ)の上周に
多数の小水疱があらわれ、咽頭炎を起こします。

水疱が破れて潰瘍を作ることもあり、これらは4~5日で
治ります。

幼小児では痛みのために水分摂取ができず、高熱を伴って
脱水症状を起こすことがあります。

 

まれに無菌性髄膜炎や心筋炎を合併することもあります。

 

ヘルパンギーナと手足口病の違い

夏風邪の代表で同じような症状の

「手足口病」

があります。

双方の違いを述べたいと思います。

 

初期症状としては、かつ水疱ができ、発熱します。

 

その後、手足口病は手、足などに発疹が現れます。

ヘルパンギーナは、手、足には発疹は出ません。

 

手足口病は37~38度の熱で、ヘルパンギーナは39~40度の
高熱が突然出ます。

 

どちらも似ているので、医師も判断が難しい場合があるそうです。

スポンサードリンク


子供が感染した場合の家庭でのケア・対処法

ヘルパンギーナを発症した際には、口の中が痛くて、
不機嫌になったり、食欲不振、水分を摂取しなくなります。

特に高熱や飲むことができなくなると、脱水症状を
起こしてしまうので注意し、刺激の少ないものや、
アイスクリーム、プリン、ヨーグルトなど硬くないものを
与えましょう。

また、症状がよくなって回復してきたとしても、発症日から
3週間程度は便からウイルスが検出されるケースがあります。

ふん口感染による二次感染の予防にも気を付けましょう。

 

ヘルパンギーナの予防方法

予防法は、ヘルパンギーナに感染している子供との接触を
避けることです。

後はうがいや手洗い、消毒を徹底しましょう。

そしてトイレの後の手洗いも十分にしましょう。

 

基本的には、ヘルパンギーナを直すには本人の体力と免疫力で
ウイルスをやっつけるしかないので、十分に睡眠をとって、
規則正しい生活を心掛けましょう。

 

まとめ

ヘルパンギーナについては、下記の記事でも詳しく紹介していますので、
あわせてご覧下さい。

「夏風邪の高熱はヘルパンギーナかも!手足口病との違いは?」

「ヘルパンギーナは大人もかかる?薬はなにを飲むべき?」

「三大夏風邪とは? 「手足口病」「ヘルパンギーナ」「プール熱」の特徴のまとめ」

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ