ノロウイルスの予防と対策! ハイターや次亜塩素酸の消毒液は?

main 秋から冬にかけて流行する感染性胃腸炎の中で、
最も多く占めているのが「ノロウイルス感染症」です。

 

ノロウイルスは、年間を通じて発生しますが、
12月~1月に流行のピークを迎えます。

スポンサードリンク




ノロウイルスは、

経口(糞口)感染、

接触感染、

飛沫感染

によって、感染を拡大していきます。

 

乾燥にも強く、液中でも長期間生存することができるウイルスで、
熱に強い耐性をもっているため、少々の加熱では死滅しません。

 

また、逆性石鹸や消毒用エタノールに対する抵抗力が強いため、
これらの消毒剤を用いて消毒をおこなっても全く効果は
ありません。

 

ノロウイルス予防や対策に有効なのは?

ノロウイルス撃退に有効なアイテムは、

「次亜塩素酸ナトリウム」



「煮沸」

です。

 

次亜塩素酸ナトリウムは、上水道やプールの殺菌、ハイターなど
塩素系漂白剤や殺菌剤などに用いられています。

医療器具やリネンの消毒にも適しています。

 

≪対策1≫ 次亜塩素酸ナトリウムで消毒液を作成して予防

消毒液の作り方
次亜塩素酸ナトリウムは、薬局などで販売されていますが、
次亜塩素酸ナトリウムを買い求めなくても、ハイターなどの
塩素系漂白剤があれば、それを代用することができます。

 

濃度0.1%(1000ppm)の消毒液を作る場合

【用意するもの】
・次亜塩素酸ナトリウム 又は 塩素系漂白剤
・空のペットボトル(500ml)
・水

【作り方】
ペットボトルに、塩素系漂白剤(または次亜塩素酸ナトリウム)を
ペットボトルのキャップに2杯分入れ、水を加えて500mlの消毒液を
つくります。

 

濃度0.02%(200ppm)の消毒液を作る場合

【用意するもの】
・次亜塩素酸ナトリウム 又は 塩素系漂白剤
・空のペットボトル(2l)
・水

【作り方】
ペットボトルに、塩素系漂白剤(または次亜塩素酸ナトリウム)を
ペットボトルのキャップ2杯分入れ、水を加えて2lの消毒液をつくります。

 
濃度別用途
消毒液用途
0.1%吐瀉物や糞便が直接付着した場所(床やトイレ、リネンなど)の消毒に適しています。
0.02%ドアノブや手すり、おもちゃ、調理器具など、直接手で触れる部分の消毒に適しています。


 
消毒における注意事項
消毒液の作り置きはNGです。

時間の経過とともに効果が減少するため、その都度
作るようにしましょう。

 

また、次亜塩素酸ナトリウムや塩素系漂白剤は刺激があるので、
消毒液をつくるときもビニール手袋をつけておこなうことが
お勧めです。

 

消毒液を使用するときは、十分に換気をしましょう。

 

吐瀉物や糞便を処理するときには、マスクと使い捨ての
ビニール手袋を装着して二次感染を防ぎましょう。

 

メガネやゴーグルもあれば、つけておくと安心です。

 

消毒するときは、吐瀉物や糞便などの汚物をすべて除去してから
おこないましょう。

 

少しでも汚物が残っていると、消毒効果が激減します。

 

処理に使用したペーパーや雑巾は、ビニール袋に入れ、
密封して捨てましょう。

 

次亜塩素酸ナトリウムや塩素系漂白剤は、金属を腐食する作用が
あるため、金属に用いた場合は、消毒した後、必ずしっかりと
水拭きしましょう。

スポンサードリンク


≪対策2≫煮沸消毒で予防

色落ちが気になる衣類などは煮沸消毒をおこないます。

熱湯(85℃以上)で1分以上煮沸しましょう。

 

≪対策3≫ 二次感染予防法

石鹸を用いて、流水で十分に手洗いをすることが必須です。

うがいもこまめにおこないます。

 

≪対策4≫ 調理のときの注意

牡蠣など調理するときは、十分に加熱をしましょう。

牡蠣などの調理に使ったまな板や包丁は、すぐに洗い、
熱湯消毒をおこないましょう。

 

≪対策5≫ ノロウイルス対策にお勧めの『除菌消臭剤チャーミスト』

除菌消臭チャーミストは、今、ノロウイルス対策で
最も話題になっている人気商品です。

この商品は、ウイルス除去率99%で、東急ハンズやネットで
販売されています。

 

除菌力が優れているにも関わらず、赤ちゃんが口に入れても
大丈夫!という、人にやさしい商品です。

台所やトイレの除菌から洋服や靴の消臭まで幅広く
活用できます。

 

まとめ

今回はノロウイルスの対策、予防方法について御紹介しました。

どれもこれもやる必要はありません。

ご家庭で最もやりやすい方法を実践してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ