ノロやロタによる急性胃腸炎(ウイルス性)の症状と原因は?

A 急性胃腸炎(ウイルス性)は、ウイルス感染が原因で起こる
「お腹にくる風邪」で、代表格はロタウイルスという乳幼児と
子供がかかりやすい病気です。

 

冬に流行する乳幼児の下痢なので

「冬季下痢症」

とも呼ばれます。

スポンサードリンク



急性胃腸炎(ウイルス性)の原因

ロタウイルス、

アデノウイルス、

ノロウイルス

などのウイルス感染が原因です。

 

これらのウイルスに感染すると、腸の表面で炎症が起こり、
表面をおおっている上皮(じょうひ)細胞と呼ばれる細胞が
脱落し、その結果、水分の吸収や電解質の吸収能力が低下
します。

さらに、炎症性化学物質が産生されて粘液の分泌が亢進する一方、
糖質などの吸収不全に伴い小腸内に水を引き込む浸透圧性
(しんとうあつせい)下痢を起こすほか、水分の分泌の
亢進により水様性の下痢が続きます。

 

急性胃腸炎(ウイルス性)の症状

下痢、嘔吐、腹痛、発熱、倦怠感があります。

突然の嘔吐から始まることが多く、1~2日ほど続きます。

その後、通常は血液を含まない水様性の酸臭を帯びた便の下痢が、
多い時は1日10回以上続きます。

時に便は、淡黄あるいは白色となります。

その間、水分摂取ができない場合は急速に脱水が進みます。

 

下痢、嘔吐が主症状で腹痛や発熱、倦怠感を伴うことも多いです。

各症状の出現頻度には患者年齢や病原体による差もあるが、
個人差が極めて大きいのも急性胃腸炎の特徴です。

下痢や嘔吐をくり返すと、脱水症を起こすことがあり、
点滴静脈注射で水分を補給するために、入院が必要となることも
あります。

スポンサードリンク


急性胃腸炎(ウイルス性)の対処法

ウイルスに直接効く薬はありません。

治療は、症状を抑える対症療法が中心となります。

 

嘔吐がひどいときは薬も飲めないので、坐薬の吐き気止めなどを
処方してもらいます。

下痢と嘔吐で急速に水分が失われるので脱水症にならないように、
こまめに水分の補給が大切です。

水分補給はこまめに少量ずつ補給することが大切です。

湯冷まし、麦茶のほか子供用のイオン飲料が体に負担がかからず、
すばやく吸収されるのでおすすめです。

 

まとめ

毎年、秋から冬にかけてはノロウイルスが、冬から春にかけては
ロタウイルスが流行します。

いずれも腹痛、嘔吐、下痢、発熱などの症状を
引き起こします。

これらのウイルスには抗ウィルス剤などは存在しないため、
予防がとても大切です。

しっかりと対応していきましょう。

■参考記事

「大人も感染!ロタウィルスの症状とは?予防接種の費用と副作用は?」

「ノロウィルスの症状や期間は?予防にはヨーグルト!」

「プール熱やはやり目!アデノウィルス感染症の原因と症状」

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ