インフルエンザ治療薬の種類は?タミフルやイナビルの効果と副作用は?

main 昔にはなかったインフルエンザの治療薬。

今では医療の進歩とともに、薬も次々に開発されています。

 

インフルエンザの治療薬というと、今までは

「タミフル」

「リレンザ」

この2つが主流だったと思われますが、現在では、

「イナビル」

「ラピアクタ」

などの新しいインフルエンザの治療薬もあります。

 

薬の選択肢が広がって、患者側にとっては嬉しいことですね。

 

しかし、薬のことはお医者さん任せになってしまい、薬のことを
しっかりと理解している方は少ないかもしれません。

 

年に1度お世話になるかもしれないインフルエンザの
治療薬について、理解が深められるようにわかりやすく
お伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク



インフルエンザの治療薬の種類

現在日本で使用されているインフルエンザの治療薬は、

内服薬

吸入薬

点滴薬

に別れています。

 

それぞれ、

内服薬には、タミフルシンメトレル

吸入薬には、リレンザイナビル

点滴薬には、ラピアクタ 

の5つの薬があります。

 

◇タミフル

まず、一般的に多く使用されている

「タミフル」

から見ていきましょう。

 

タミフルは、A型、B型のインフルエンザの治療に
使われます。

カプセル剤による経口投与です。

 

タミフルは、インフルエンザの増殖を抑える薬で、
服用は発症してから48時間以内とされています。

タミフルを服用することで、回復が早くなり、
つらい状態でいる時間が短くなります。

 

医師が必要と判断した人のみ、予防薬として使われることも
あるそうです。

 

タミフルの副作用として主なものは、

下痢

腹痛

嘔吐頭痛

があります。

 

また、タミフルの副作用で話題になっているのが

「異常行動」

です。

 

異常行動については、タミフルを服用した子供が自宅の
2階から転落したなど、複数のことがマスコミに
取り上げられました。

現在もはっきりとしたタミフルと異常行動の因果関係が
わかっていないまま、万が一の対策として、10代の未成年には
薬の使用制限の措置がとられています。

 

◇リレンザ

タミフルとともに今までの主流となっていたインフルエンザの
治療薬です。

 

リレンザは、A型、B型のインフルエンザの治療に使われます。

リレンザは吸入薬で、1日2回、5日間吸入します。

 

気導で増えるインフルエンザウイルスの増殖を抑えます。

初めの1回は、できるだけ早い吸入が大切ですので、
できることなら薬を受け取ったその場で吸入すると
効果的です。

 

リレンザの副作用は、

下痢

吐き気

動悸

などが報告されています。

スポンサードリンク


◇イナビル

2010年にインフルエンザの治療薬として承認された薬です。

イナビルは、A型、B型のインフルエンザの治療に使われます。

 

イナビルは、リレンザと同じく吸入薬で、10才以上はイナビルの
容器を2つ、10才未満はイナビルの容器を1つ吸入すれば
継続した治療は必要ないとされています。

 

イナビルのメリットとしては、1日に1回の吸入なので、
吸入を忘れることがほとんど無いことがあります。

ただし、1回の吸入なので、やり直しができませんから、
1回の吸入でしっかりと薬を吸入する必要があります。

 

感染初期(48時間以内)に使用することで、
インフルエンザウイルスの増殖を抑えて、回復を早くします。

しかも、イナビルは母乳授乳中の人にも安全と
考えられています。

また妊婦さんにおいても投与の危険性は高くないと
考えられているようです。

 

イナビルもタミフルと同様、医師が必要と判断した時に
予防薬として使用できます。

 

イナビルの副作用は、ほとんどないと言われていますが、
報告が多い副作用は、下痢などの胃腸障害です。

また、タミフルで問題になっている異常行動について、
イナビルでは、完全に否定できるものではないとされており、
投与後2日間は、保護者が注意して見守るように指示があります。

 

◇ラピアクタ

ラピアクタは、A型、B型のインフルエンザの治療に
使われます。

ラピアクタは、点滴注射薬1日1回300㎎を15分以上かけて
点滴静注します。

 

そのため、カプセル剤や粉薬の吸入が困難な人に投与されます。

タミフル同様、発症から48時間以内に投与すると有効と
言われています。

 

ラピアクタの副作用は、

下痢

白血球の減少

嘔吐

タンパク尿

などが報告されています。

 

◇シンメトレル

シンメトレルは、A型のインフルエンザのみの治療に使われます。

シンメトレルは、経口投与薬で、1日40~120㎎を分割して
飲みます。

 

しかし、現在ではシンメトレルの耐性菌が発生しはじめており、
インフルエンザでは医師が必要と判断した場合だけ投与されて
います。

そのためシンメトレルは、現在では主にパーキソン病
使われています。

 

実は、インフルエンザの治療薬にはもう1種類

「アビガン」

というインフルエンザ治療薬があります。

 

「アビガン」は、インフルエンザの治療薬として承認されて
いますが、現在は流通していません。

この治療薬は、現在使用されているインフルエンザの
治療薬が効かない、新型のインフルエンザが発生して、
国が必要と認めたときに使用する特殊な薬だそうです。

 

まとめ

次々に薬も開発されて、症状の回復も早くなっているようです。

ただし、インフルエンザの薬を開始するタイミングは、
初期症状(48時間以内)に飲みはじめることが重要です。

 

インフルエンザかな?と思ったら
早めに病院へ行き、きちんと対応しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ