アナフィラキシーショックの原因とは?症状と治療を知って対応しよう!

free-photo-doctor-stethoscope-hand アナフィラキシーショックとは、アレルギーの原因となる何らかの
要因により発生する重症のアレルギーの症状です。

アナフィラキシーは、発症後、極めて短時間で全身性に
アレルギー症状が出る反応です。

このアナフィラキシーによって、血圧の低下や意識障害などを
引き起こし、場合によっては生命を脅かす危険な状態に
なることもあります。

 

今回は、この「アナフィラキシーショック」についてご紹介します。

スポンサードリンク




アナフィラキシーショックの症状とは?

「アナフィラキシー」とは、

ana(反対)

phylaxis(防御状態)を合わせた言葉です。

 

その意味のとおり、体が防御状態と反対の反応を示す症状です。

 

アナフィラキシーとアナフィラキシーショックは
同義語として用いられます。

 

基本的には、血管の拡張により血液中の血漿成分が
滲出することにより発症します。

発症すると、全身に強いアレルギー反応が見られます。

 

症状が現れるまでの時間は、アレルギーを引き起こす
原因物質である「アレルゲン」や患者により多少異なりますが、
多くの場合極めて短時間です。

 

アレルギーは皮膚や粘膜、また複数の臓器
(呼吸器・消火器・循環器等)など全身に現れます。

 

症状としては、血圧低下、意識障害等重症となる場合もあり、
時として命の危険を伴う程強い症状に陥ることもある
危険な病気です。

 

そのような状態になることを

「アナフィラキシーショック」

といいます。

 

死亡に至るケースではアレルゲンにもよりますが、
およそ5分~30分で心肺停止状態となります。

 

アナフィラキシーショックの原因は?

アレルゲンに触れたり、食べたり、吸い込んだりすると
発症します。

 

アレルゲンは多岐多種にわたりますが、主なアレルゲンは
食物・蜂・薬物・ラテックス(天然ゴム)・運動等です。

 

食物としては鶏卵により発症する人が最多で、
食物アレルギーの三分の一を占めます。

 

これには軽傷の人から重症の人まで含みます。

 

その他食物アレルゲンとして知られているピーナッツやソバは、
アナフィラキシーを発症する割合としては少ないものの、
重症化する割合は高く注意が必要です。

 

蜂はスズメバチやアシナガバチ等に刺されることにより、
その毒液が体内に入り反応します。

 

薬物は抗生物質(ペニシリン等)や解熱鎮痛剤(アスピリン等)、
抗てんかん剤等が原因となることが多いですが、

 

ワクチンや麻酔、輸血でも発症する場合もあります。

 

ラテックスはゴム製品に含まれる物質です。

天然ゴムを生成するゴムの木の樹液に含まれています。

 

カテーテルや医療用手袋など、医療現場に存在するほか、
風船やゴム靴、軍手等身近にもある品物です。

 

触れるとアナフィラキシーを発症するケースがあります。

運動の場合は、特定の何かを食べた後に運動した場合だけ
発症するという特殊なものです。

食べ物だけ、運動だけの場合は発症しません。

 

その他、クラゲやダニ、アリなどに咬まれることにより
発症するケースや、最終的に原因が特定的できない場合も
あります。

スポンサードリンク


蜂によるアナフィラキシーショックは重症化しやすい

蜂毒にアレルギーがない場合は、刺されても患部にかゆみや
痛みはあるものの数日間で症状は消えて無くなってしまします。

 

しかし、アレルギーがある場合は刺された人の約20%が、全身の
じんましんや呼吸困難、嘔吐などのアナフィラキシーショックを
発症すると言われています。

 

短時間のうちに2回刺されるとアナフィラキシーになりやすい
という調査もあります。

 

蜂毒によるアレルギー反応は、蜂に刺された際にできる抗体と、
もともと体にあるヒスタミンという物質との作用の関係で
起こります。

 

2回目以降に刺された際だけでなく、初めて蜂に刺された場合でも
アナフィラキシーショックによる死亡例が確認されています。

これは蜂毒にも少量のヒスタミンが含まれているため
とされています。

 

毎年アナフィラキシーショックで死亡する人は20人程度います。

 

アナフィラキシーにより死亡まで至るケースは、
食物よりも蜂毒に起因することが多いです。

 

蜂の毒は直接体内に入ってくるので症状は極めて短時間のうちに
現れる傾向があります。

蜂毒による死亡の場合、発生後約15分で心肺停止になると
言われています(食物は約30分)。

 

スズメバチやアシナガバチなどの毒液で反応しますので、
第一に近づかないことや刺されないために服装に注意する
など事前の対策が最も肝心です。

 

アナフィラキシーショックににかかった時の対応は?

アナフィラキシーショックを発症した場合、自覚症状としては

唇や両手足のしびれや

めまい、

胸やのどが塞がった感じ、

末端が冷たくなる、

腹痛

などがあります。

 

他覚症状としては、

患者の皮膚が赤くなったり、

じんましん、

まぶたや唇のむくみや腫れ、

チアノーゼ

が見て取れます。

 

アナフィラキシーは即時反応を示し、病状の進行も極めて
短時間のため、発症が認められたら一秒でも早く病院で
受診する必要があります。

 

ただし、患者が自身のアレルギー体質を理解しており、普段から
”エピペン(アドレナリンの自己注射液)”を携帯している場合は、
医療機関に行く前にこれをすぐに注射して下さい。

 

その後速やかに受診もして下さい。

 

しかし、何といってもアナフィラキシーには
予防と自己管理が最重要です。

発症してしまってからでは時間的にできうる対応は
限られてくるからです。

 

普段から自分のアレルギーに対して把握しておき、まずは
原因となる物質に接触しないようにすることが一番です。

 

また、先述の”エピペン”を使用する患者やその家族等は
使い方を事前に練習しておくことが重要です。

 

アナフィラキシーショックの治療法は?

呼吸の確保と循環器系を急いで改善する必要があるため、
酸素吸入と薬剤や輸液を体内に送り込むための静静脈確保が
なされます。

 

アナフィラキシーの症状を抑えるため、第一に選ばれるのは
アドレナリンの筋肉注射です。

これには即効性があり、高い効果も見られます。

 

その他、症状に応じて

抗ヒスタミン薬(鼻水やじんましんを鎮静化する)や、

ステロイド薬(遅れて発症する症状を事前に防ぐ)

同時に投与される場合もあります。

 

アナフィラキシーショックのガイドライン

2014年11月に、日本アレルギー学会Anaphylaxis対策特別委員会が
アナフィラキシーガイドラインを公開しました。

アナフィラキシー患者に対する診断や治療レベルの向上を
目的としています。

 

同学会のウエブサイトで閲覧できます。

⇒こちらから閲覧できます

 

これには食物アレルギーを持つ子供などが年々増加しているという
時代背景も関連しています。

 

学校や保育園など教育現場においてアナフィラキシーに対する
正しい理解と知識、予防といざと言うときの対応方法等が
示されています。

 

世界アレルギー機構(WAO)の指針を参考に作成された
日本国内では初めてのガイドラインとなります。

 

まとめ

厚生労働省の人口動態統計の集計によると、日本における
アナフィラキシーによる年間死亡者数は2011年に70人を
超えました。

決して他人事とは考えず、いつでも対応できるように
備えましょう。

また、アナフィラキシーは、一度おさまった症状が
再びあらわれることもあります。

「おさまったから大丈夫」と安心はせず、早急に
診断を受けましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ