やけどの跡を残さない!消すための治療と薬は?

yakedo 身の回りにやけどを負いそうな危険なものが
意外とたくさんあります。

やけどを負うと突然のことに驚き、痛みや水ぶくれにどのように
対処したらいいのか?と戸惑います。

 

そして、とても心配になるのは

やけどの跡が残らないだろうか?

ということです。

スポンサードリンク




やけどの跡を残さないようにできたら、
少しでも消すことができたら嬉しいですよね。

やけどの跡の治療については知らないことが多いと思います。

 

少しでも知ることによって、悩んでいたことが
解消できるかもしれません。

やけどの跡について知識を身につけて、
実行できることはやってみましょう。

 

どんな時にやけどの跡になってしまうのか?

やけどの跡は、やけどの深度が関係してきます。

やけどの深度は、Ⅰ度からⅢ度に分けられていて、
Ⅱ度は、さらに2つに分かれています。

 

やけどの跡が残ってしまうのは、この深度Ⅱからに
なります。

 

やけどの深度

深度Ⅰ

皮膚の表皮のみの損傷で、ヒリヒリ赤くなり、
やけどの跡は一時的なもので殆ど残りません。

 

深度Ⅱ

浅達性Ⅱ度熱傷
表皮から真皮までの損傷で痛みは強く、赤くなって水ぶくれが
できます。

色素沈着があり、やけど後のケアが悪いと、やけどの跡が
残ることがあります。

 
深達性Ⅱ度熱傷
表皮から皮下組織の深いところまでの損傷で、赤く腫れ、
水ぶくれができて、水ぶくれの下の皮膚が白くなります。

やけどの跡が残りやすいです。

 

深度Ⅲ

皮膚全層の損傷で、痛覚が失われてしまい痛みがありません。

肌の表面は壊死することがあります。

やけどの跡は、はっきりと残り、ケロイド状に残ることが
あります。

皮膚のつっぱりや、機能障害が起こる場合もあります。

 

やけど跡はどの深度までなら消せるか?

深度Ⅰのやけどや、深度Ⅱでも軽いやけどは、
自分のケアで消すことができると言われています。

深度Ⅱの深いやけど以上のものは、自分のケアでは
消すことができません。

 

治療方法や手術など、病院で相談して解決策を見つけてください。

やけどの深度の自己判断は難しいです。

まずは病院で自分のやけどの状態を見てもらいましょう。

 

やけどの跡を残さないための初期対応

やけどの跡が残るかどうかは、やけどを負ってしまった時の
初期対応が大切になります。

 

○やけどの部分を水道水を流して冷やす。
冷やす時の時間は、20分くらいが目安です。

○やけどが衣服を着ている部分だった場合は、衣服を脱がずに、
そのまま風呂場の水のシャワーを使って冷やす。

○保冷剤をタオルで巻いて、患部を冷やす。

 

逆に、やってはいけない対応は

○自己判断で軟膏や塗り薬は塗らないこと

○消毒はしないこと

 

基本的には、初期対応の応急処置をしたら
病院へ行きましょう。

 

やけどの跡を消すための治療方法

やけどの跡を残さないようにするための治療方法として

湿潤療法(傷を乾かさず潤いを保った状態で治療する)

という治療方法があります。

 

やけどの跡を残す前に、まず医師に相談してください。

 

やけどの跡を消すためには、手術を考える場合があります。

手術は、形成外科・美容皮膚科で相談してください。

 

形成外科では、

切除縫合術(やけどの範囲が狭い場合の手術)

植皮術(やけど跡が広い場合の手術)

削皮術(やけど跡が比較的軽い場合の手術)

 

美容皮膚科では

医療レーザー治療法

があります。

 

形成外科でもレーザー治療法は行っていますが、
美容皮膚科には多種多様のレーザー機器があるそうです。

 

やけどの跡に効果がある薬

軽いやけど跡を薄くする

ビタミンC
ビタミンCを摂取することによって、コラーゲンが生成され、
コラーゲンの働きで色素沈着を和らげます。

 
アットノン
血行促進、抗炎症作用のある傷跡を消す、目立たなくします。

肌の水分保持機能、バリア機能のサポートをします。

 

薬ではないですが、やけど跡に紫外線は大敵です。

衣服などで調節して、患部を紫外線から守ってください。

 

まとめ

私も大きなやけどを負ったことがあり、今でもやけどの跡を
見るたびに、やけどを負ったときの恐怖を思い出してしまいます。

初期の対応と処置が、やけどの跡に影響をあたえます。

正しい初期対応をして、自己判断をせずに病院へ行きましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ