もしかしたら病気かも!左側の背中や肩甲骨の痛みの原因は?

main 背中肩甲骨の痛みは、若い人にはあまり聞かれませんので、

年齢を重ねた人に現れる痛みだろうか?

それとも何処かにぶつけた?

など、様々な事を考えてしまいます。

 

背中や肩甲骨の痛みについては、知らないことが多いですね。

 

では、背中や肩甲骨の痛みはどのような事が原因で
起こるのでしょう?

自分の背中や肩甲骨が痛くなった時に備えて、痛みの
原因について知っておきましょう。

 

ここでは左側の背中や肩甲骨の痛みについて
見ていきたいと思います。

スポンサードリンク



左側の背中に痛みを感じる原因

背中の痛みと聞くとすぐに思いつくのが筋肉痛ですが、
他にも重大な原因が隠れていることがあるようです。

 

例えば、

 

◇背中の筋肉の疲労や緊張から起きるコリによる筋肉の炎症

◇骨の変形、変化、骨折による骨のずれ、背中に衝撃が加わることで起こる骨の歪み

◇神経の圧迫

◇内臓の病気を患っている

 

のように、様々な原因が考えられます。

 

左側の背中の痛みを伴う病気

痛みの原因にはよくみられる筋肉痛だけでなく、
注意が必要な病気を患っていることがあるようですね。

 

身体の左側には、心臓・胃・膵臓などの臓器が
位置しています。

 

これらの臓器に関係している病気に、左側の背中の痛みが
あるかをみてみましょう。

 
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎、胃がん
左側の背中から腰にかけて痛みがでます。

食後に胃の不快感があります。

 
膵炎、膵臓がん
膵臓は眠る臓器と言われていて、自覚症状に気づかず、
早期発見は難しいようです。

初期に左背中に痛みがでます。

 
狭心症
背中の左側から左下にかけて痛みます。発作的に痛くなります。

左肩から左脇、みぞおちから左胸にかけても痛みがでます。

 
心筋梗塞
背中の左側から左下に痛みがでます。

胸の前部に圧迫感や激痛がでて、痛みが30分以上続きます。

スポンサードリンク


左側の肩甲骨に痛みを感じる原因

打撲したわけでもなく、スポーツで筋肉を傷めたわけでも
ないのに、肩甲骨に痛みを感じることがあります。

この原因はなんでしょうか?

 

原因としては以下があげられます。

 

◇長い時間の労働などからくる疲労

◇日常生活での姿勢が悪いことで骨盤に歪みが出る

◇内臓の病気を患っている

 

左側の肩甲骨の痛みを伴う病気

肩甲骨の痛みにまさか内臓の病気が関係しているとは
思わないですよね。

湿布などの処置で痛みをしのいでいた人も、病院へ行くことが
必要になるようなかもしれません。

 
胃、小腸の疲労
ストレスや食生活の偏りで、胃腸の機能が上手に働かなくなり、
左肩甲骨付近に痛みがでます。

 
膵炎、膵臓がん
沈黙の臓器と言われている膵臓。

膵臓に炎症が起きると左肩甲骨に痛みが出ます。

 
胸椎椎間関節症
運動不足や肥満、姿勢が悪いことが原因で起こる症状です。

肩甲骨周辺に痛みが出ます。

 
狭心症
背中の左側から左下、左肩甲骨にも痛みがます。

発作的に痛くなります。

左肩から左脇、みぞおちから左胸にかけても痛みがでます。

 
心筋梗塞
背中の左側から左下、左肩甲骨にも痛みがでます。

胸の前部に圧迫感や激痛がでて、痛みが30分以上続きます。

 

背中や肩甲骨の痛みの場合、どちらにも当てはまる病気と、
どちらかにしか現れない病気があります。

自己判断せずに病院で受診しましょう。

 

まとめ

背中や肩甲骨の痛みは、筋肉痛から生命にかかわる病気まで、
様々な原因で起きています。

 

打撲や筋肉疲労に心当たりがないのに痛みがある場合は
病院へ行き、検査をしてもらいましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ