とびひはいつ治る?完治までの期間と治療法!

maon
あせもや虫さされやすり傷だったものが、いつの間にかとびひになり全身に広がってしまった。
夏の初めころから、このような話題をよく聞くようになります。

広がらないように注意を払っていても無意識のうちに患部に触ってしまい、次々に増えていくとびひを見ると、いったいいつ治るのだろう?と不安になりますね。

子どもがとびひになった場合は、1日中子どもを見張っているわけにもいきませんし、途方に暮れてしまいそうです。

 

病気が完治するまでの日数は、どのような病気でも人それぞれですが、完治までのおおよその目安がわかると頑張ろうと思えますよね。
また、完治までの治療法がわかると安心できます。

そこで今回は、とびひの完治までの期間や治療法についてまとめます。

スポンサードリンク



とびひってどんな病気?

そもそも「とびひ」とは、どのような病気なのでしょう?

暑くなり始めるとあせもや湿疹や虫さされなど、どうしても掻いてしまうような皮膚の状態になることが多くなります。

これを掻きこわした傷口から、黄色ブドウ球菌溶血性連鎖球菌などの細菌が侵入して「とびひ」になります。

 

とびひの赤く小さな水泡は破れてじゅくじゅくした状態にになり、あっという間に患部が広がってしまいます。

感染力の強い皮膚の病気ですが、インフルエンザのように多数の人が感染することもなく感染しない人も多くいます。

 

とびひになる原因は?

あっという間に広がってしまうとびひですが、どのようなことが原因で感染するのでしょう?

とびひは、「黄色ブドウ球菌」「化膿連鎖球菌」などの細菌が傷口から侵入することが原因で起こる皮膚の病気です。
原因の細菌と言われている「黄色ブドウ球菌」や「化膿性連鎖球菌」は常在している細菌で、鼻の粘膜や皮膚の表面に付着しています。

普段は悪いことをするわけではない細菌なのですが、傷口から侵入して細菌の数が増殖すると毒素をだしてとびひの原因となります。

初夏から夏にかけ患者さんが多く見られるのは、あせもや虫さされを掻きむしり、その傷口から細菌が侵入してしまうからですね。

 

とびひの感染力と感染経路

火事の飛び火に似ていることから「とびひ」と呼ばれていることからもわかるように、とびひの感染力は強いです。
感染経路は接触感染で、自分自身でも感染が広がります。

またとびひは他人にもうつると言われていますが、思い違いをされている方も少なくなありません。

正確にはとびひにかかっている人のとびひの部分に接触した人が、皮膚に傷口があった場合に細菌が侵入し、とびひが起こるということになります。

とびひは一度かかっても免疫はできませんので、条件が揃えば何回も感染します。

 

完治までの期間

あっという間に広がるとびひは、一部分治ったと思うとまた他の部分に広がり、いったいいつ治るんだろう?と不安になりますね。

完治の判断としてはとびひが乾燥してかさぶたが取れるまでとされていて、完治までの期間は個人差もあり平均1週間程度と言われています。

 

だいたい治ったからいいかなと判断して治療を途中で止めてしまうと、症状が酷くなり再発することもありますから、自己判断で完治を決めるのはやめましょう。

早い段階での適切な処置で、完治までの期間を短縮することができる可能性はありますから早めに病院を受診しましょう。

 

とびひの治療法

とびひは他の人にうつってしまうことがあるので、自宅での自然治癒はおすすめできません。

子どもの場合は気をつけていても、とびひの部位を触ってしまう事もあり広範囲に広がることがあるかもしれませんので、早い段階での病院受診が大切になります。

スポンサードリンク


■病院の治療

病院でのとびひの治療は、塗り薬と飲み薬で体の外側と内側の両方から治療をします。

体の外側からの治療には、とびひの状態に合わせてステロイド剤と抗生剤の軟膏が処方されますので医師の指示通りに軟膏を塗ります。

体の内側からは、感染症ということで抗生剤とかゆみ止めの抗アレルギー剤を内服します。

 

■市販薬での治療

市販薬の軟膏でとびひに効果があるとされている軟膏もありますが、病院では抗生剤が処方されることを考えると、抗生剤は市販で購入できませんから病院を受診して医師に処方してもらう薬を使う方がいいと思います。

人によってとびひの症状も体質も違い、効き目には個人差もあります。

また無意識のうちに患部をさわってしまうこともあり、とびひが広がる可能性もありますから、病院を受診することをおすすめします。

 

■自宅でできるケア

・湿潤部位はガーゼや包帯で覆う。

とびひの部位が他の人に接触しないように、ガーゼで覆いましょう。

市販品の絆創膏では吸収が間に合わないことやかえって菌を繁殖させてしまう事もありますから、絆創膏は使わずにガーゼで覆い、包帯などでガーゼが外れない工夫をしてください。

・爪を切る

爪を長くしておくと、とびひの部位を掻いてしまうおそれがありますから、爪は短く切っておきましょう。

・手洗い

手を介してとびひが広範囲に広がりますので、十分な手洗いをしてください。

・露出を少なくする

集団の場に行く場合は接触も多くなりますので、できるだけ肌の露出が少ない洋服を着るようにしましょう。

・傷口や鼻をいじらない

傷口や細菌が多く在る鼻に触れないよう注意しましょう。

スポンサードリンク


まとめ

自分の娘がとびひになったことがありますが、夜寝る前にはなんともなかったのに朝起きたら顔中にとびひが広がっていました。

慌てて病院へ連れて行き治療を開始しましたが、できた場所が他人からも見える場所でしたから可哀そうでしたね。

娘の場合は平均の1週間ほどで治りましたが、なかには処方された薬が効かないということもあるようです。

医師の指示通りにして直りが悪い場合は、その様子を細かく医師に伝えてください。


とびひの完治までの期間は、とびひの状態や治療を始める時期によっても変わってきます。

とびひは、早めの適切な処置が必要!

後は自宅でのケアも必要な皮膚の病気です。

早めに適切なケアをしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ