とびひの治療にリンデロンやゲンタシン!市販薬と家庭で出来る対処法!

無題 『とびひ』の正式名称は、伝染性膿痂疹という皮膚感染症です。

「とびひ」は、細菌が皮膚に感染して水ぶくれやかさぶたができ、それが“飛び火”のように体のあちこちに広がっていきます。

 

この感染が広がっていく様が、火事の火の粉が散って、どんどん広がっていく様子に似ていることが、『とびひ』と呼ばれる由来だと考えられています。

基本的には夏に多くみられ、乳幼児に多く発症しますが、最近では暖房などの影響で、冬でもみられるようになりました。

 

今回は、そんなとびひの治療に使用される薬家庭でできる予防や対処法について紹介したいと思います。

スポンサードリンク



とびひはどんな病気?原因は?

「とびひ」とは、「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」という皮膚疾患です。

ウイルスではなく、ある種の細菌に皮膚が感染している状態です。

 

原因菌は主に黄色ブドウ球菌や溶連菌の一種です。

多くの場合は、常在菌といえる黄色ブドウ球菌が、皮膚の弱い部分から侵入し、毒素を産出することで、とびひが発症します。

顔の中で一番雑菌の多い部位は鼻で、とくに幼児の鼻の生の周りは多くの菌が存在しています。

鼻をさわった手で顔や身体をさわると、そこからとびひが始まることが多くなっています。

痒みがあるため子どもがボリボリとかきこわすと、水疱の中の汁に含まれている菌が散り、さらに別の部位に広がってしまいます。

 

初期症状としては主に鼻の周りに出来た水ぶくれが膿んできて、破れると汁が肌の別の部位につき、そこからあちこちに蔓延して行きます。

また、別の菌によるとびひは、膿疱が硬くなり炎症を起こします。

リンパ節の腫れと共に、喉の痛みや熱を出すこともあります。

 

溶連菌が原因である場合、とびひが収まったあとに急性の腎炎を起こすケースが報告されています。

 

とびひになりやすい時期・季節や感染経路は?

黄色ブドウ球菌は一般的には暑い季節に多くみられ、小学生以下の子に多いですが、化膿連鎖球菌は季節を問わず現れ、年齢もさまざまです。

更に、現代では冬場でも暖かい部屋があるため、季節に関係なくとびひの患者が医者を訪れるようになりました。

 

感染経路としては、夏場では特に虫刺されやあせも等から発症する例が多いようです。

患部を掻きむしって化膿したり、プール等にとびひの感染者と一緒に入ることで感染したりすることがあります。

 

とびひの原因となる菌は、容易に感染するようで、子どものような若く柔らかい皮膚ほど感染しやすいそうです。

 

とびひに感染しないための予防法は?

本来、とびひを起こすのはごく普通に存在する常在菌ですが、皮膚が傷ついている場合に侵入します。

ですから、傷や、虫刺されのあと、湿疹など、傷があったり、痒くて掻いたりすることはとびひになりやすいので気をつけましょう。

 

大人ならば、かゆい部分があっても少々は我慢できますが、小さいお子さんはなかなか難しいですよね。

まずは、掻きむしって化膿してしまわないように、爪を短く切ってください。

そして、かゆみ止めをこまめに塗って、虫刺されや、あせもをひどくならないうちに治しましょう。

 

(1) 肌に傷を作らないようにする

(2) 手の爪を切ってやすりをかける。

(3) 鼻をいじったらすぐに手を洗う。

(4) 湿疹やアトピー皮膚炎がある場合は丁寧に治療する

以上はとびひ予防の基本だと言えます。

 

既にとびひがある人には触れないことも当然ですし、タオルなどの共有もやめましょう。

たった一か所の虫刺されで、掻いて傷になってしまった部分から感染してあっという間にとびひが広がることもあります。

子どもの虫刺されの痕のケアは大切です。

 

もし、化膿してしまった場合は、薬を塗って患部に清潔な包帯やガーゼを巻きましょう。

適度に交換をしたり、水ですすいだり、患部を清潔に保ち、感染の拡大を防いでくださいね。

 

家庭で出来る診断方法は?

以下の点に注意して観察してください。

(1) 大きな水ぶくれができている

(2) びらんになっている

(3) 連なるように小さな無数の赤い膿疱ができている

(4) 幼児は、特に鼻の周りに出来やすい。

 

ただ、似たような状態の皮膚炎や水疱症は他にもあり、素人では判断が付きにくいことがあります。

この場合はすみやかに皮膚科か小児科にかかるのがよいでしょう。

スポンサードリンク


家庭で出来る治療方法は?

とびひは、初期のうちにきちんと直さないと、どんどん広がって手が付けられなくなるばかりか、周囲の人にうつしてしまいます。

とびひの疑いのある場合は、かならず小児科か皮膚科を訪れ、医師に診てもらいましょう。

 

局所的には、抗生物質が入っている軟膏をお医者さんから出されるので、これを塗ることで小さい面積のとびひ患部を治していきます。

また、全身的には菌のタイプによりますが、身体のあちこちに感染が広がらないよう、抗生物質をきちんと服用することで急速に効果が出ます。

 

ただし、抗生物質は最後まで飲み切らないと身体の中で生き残った細菌が耐性を持ち、病気が復活して、今度は抗生物質が効かなくなります。

かならず医師の指示を守って最後まで飲み切ります。

 

その上で、家庭では以下のことを実行します。

(1) 湯船に入らず、シャワーだけか、掛け湯で身体を洗う。(風呂の湯を家族と共有しない)

(2) 常に皮膚を綺麗に洗い、清潔に保つ

(3) 学校に行く場合などは、包帯やガーゼで患部を多い、掻いたり他人に触れたりしないように注意する。

(4) 口の周りは直りにくい傾向があり、こまめに洗い、清潔に保つ。

前述の校に抗生物質はある程度の効果がありますが、ステロイド剤は効果がありません。

素人考えでみだりにステロイド軟膏を使うのはやめましょう。

 

とびひに効果のある薬は?

とびひにかかった場合、病院ではリンデロンゲンタシンが処方されることが多いようです。

場合によってはアクアチムなども処方されます。

ここでは、これらの飛び火に使用される薬を紹介したいと思います。

 

リンデロン

1

悪化するまえのとびひにはリンデロン軟膏も治療効果があります。

リンデロンは主にかゆみ止めであり、抗生物質を含んでいますが量は微量のためこれだけでは完治には時間がかかります。

また、ステロイドも含んでいるため長期の使用には向いていません。

リンデロンと一緒に抗生剤の内服薬を用いることが一般的です。

 

ゲンタシン

2

とびひの治療薬としてよく出される薬にゲンタシンというものがあります。

ゲンタシンは非ステロイドで殺菌作用のある化膿止めで、白または薄黄色の軟膏です。

ゲンタシンは30%の割合で耐性菌が存在すると言われており、薬が効かない場合もあります。

 

アクアチム

3

アクアチムは、抗菌薬を含有するお薬で、細菌が増えてしまった事による皮膚の炎症を治療する目的です。

黄色ブドウ球菌などが繁殖して発症する皮膚炎などの、炎症や赤みなどを治療するために用います。

その他、カンジタやおできなどの感染症による皮膚炎の他、ニキビやおでき等の治療に用いられることがあります。

 

登園、登校、出社はいつから可能?

とびひの場合、学校を休む必要はありません。

ただ、とびひの状態により、お医者さんや学校の先生と相談して、自主的にお休みをすることも選択してよいと考えられます。

プールについては、他の子どもにうつす恐れがあるため、とびひが治るまでは入らないようにしたほうが良いでしょう。

 

とびひに対処できる市販薬は?

皮膚科を受診すれば、患部の症状にあったお薬を処方してくれますが、今すぐ欲しい!という時がありますよね。

そこで次は、薬局などで買うことができ、効果のある市販薬を紹介します。

 

とびひのお薬は、化膿性皮膚疾患用薬に分類されます。

化膿性皮膚疾患用薬でも、抗生作用のあるものを選びましょう。

 

市販されているお薬の中で、原因菌の殺菌作用、増殖の抑制等に効果のあるお薬を紹介します。

 

テラマイシン軟膏a(武田薬品工業)


【第2類医薬品】テラマイシン軟膏a(6g)

【第2類医薬品】テラマイシン軟膏a(6g)
価格:587円(税込、送料別)


ボリミキシンB硫酸塩とオキシテトラサイクリン塩酸塩の2つの抗生物質が配合され、化膿性皮膚疾患(とびひ、めんちょう、毛のう炎)に効果、効能があります。

副作用として、使用後に発疹や発赤、痒みがある場合は、使用を中止して診察をうけてください。

*参考
爽快ドラッグ

 

ドルマイシン軟膏(ゼリア新薬工業)

外傷・火傷等の化膿予防及び治療、とびひ、せつ、よう、ちょう、毛のう炎、湿疹等に効果、効能があります。

非常に稀ですが、蕁麻疹や皮膚の痒みなどの副作用が現れることがありますので注意が必要です。

*参考
ケンコーコム

 

この二つが、市販薬としては、高い効果があるようです。

市販薬を使用する場合は、使用量、使用回数、衛生面などに注意し、用法や用量をお守って使用しましょう。

 

まとめ

患部が広くなるほど、完治まで時間がかかりますし、治るまで夏の楽しみでもある、プールや海には入れない、というのは悲しいですよね。

小さな虫刺されやあせもでも、あっという間に、なんていうこともあります。

大人でも傷が化膿してしまった、ということもありますので、子どもから大人まで使えるようなお薬を常備しておいてもいいかもしれませんね。

 

また、とびひの原因となる細菌によって、ごく稀に他の病気が起きる場合があります。

油断せずに早めに受信するようにしましょう。

万が一、とびひの治療後に体の調子が回復しない場合は再度受診するようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ