とびひになったら登校登園はいつから?治療期間と注意点

main
一般的に「とびひ」といわれている疾患の正式名称は「伝染性膿痂疹」で、夏(6月~10月)に流行しやすい細菌性感染症です。

とびひの原因は、黄色ブドウ球菌化膿性連鎖球菌などの細菌です。

 

汗疹や虫刺され、湿疹などを掻きむしってできた傷や転んでできた擦り傷などに菌が感染して起こります。

とびひには、黄色ブドウ球菌が原因の「水疱性膿痂疹」と化膿性連鎖球菌が原因の「痂皮性膿痂疹」があります。

日本でみられるとびひの殆どは、水疱性膿痂疹です。

 

今回は、とびひが完治するまでの期間や治療法について詳しくご紹介致します。

スポンサードリンク



とびひの症状は?

掻き毟った傷などの部位に、小さな水ぶくれができ、赤く爛れたようになります。

水ぶくれの皮は非常に薄く簡単に破れてしまいます。

 

水ぶくれの中には菌を含んだ浸出液が入っていますから、水ぶくれが破れて他の部位の皮膚にそれがつくと感染部位が拡がります。

また、浸出液がついた手で、人の皮膚を触ると、人にも感染してしまいます。

 

とびひは、水疱の汁に接触すると感染し、生涯免疫ではないので、何度も罹ってしまうことがあります。

主に、1歳から6歳くらいまでの幼少児に好発しています。

そのため、とびひは、学校保健安全法(学校感染症・第三種)に定められています。

 

とびひの治療法は?

とびひを治すには、ただれを早く乾燥させることが必須なので、抗生物質の軟膏を塗布します。

ニューキノロン系テトラサイクリン系などの抗菌薬の軟膏が処方されます。

 

水疱の中でも大きいものは潰して、周囲に浸出液が流れないように排出しておきます。

そして、ガーゼ・包帯で患部を覆って保護します。

とびひが非常に軽症の場合は、この程度の治療で済みますが、一般的には、抗菌薬を内服します。

 

内服薬には、セフェム系の抗生物質が用いられます。

また、とびひは強い痒みを伴うので、痒みを緩和するために抗ヒスタミン薬が処方されることもあります。

スポンサードリンク


とびひの治療期間は?

一般的に、とびひが完治するまでの期間は、1週間前後といわれています。

早期に治療を始めると、早ければ3~4日で完治することも期待できます。

とびひかな?と気づいたら、すぐに医療機関で受診することがお勧めです。

 

とびひの重症型とは

上述通り、殆どの人は1週間程度で完治しますが、稀に重症型になり、「ブドウ球菌性熱傷様症候群(SSSS)」が発症します。

発症すると、黄色ブドウ球菌が産生する毒素によって、発熱、顔面や首、脇の下、鼠蹊部になどに大きな水疱ができます。

その部位を指で触るだけで、表皮が火傷様に剥け、赤むけになるのが特徴です。

 

以前は、命に関わるほどの病気といわれていましたが、現在では、早期治療を行えば、完治することは可能です。

スポンサードリンク


とびひ治療期間中の注意事項は?

2
入浴
患部を清潔に保つためにも、入浴はOKです。

患部は、石鹸は泡立てて、擦らずそっと優しく洗いましょう。

ただ、湯船には入ることはNGです。
シャワーで洗い流しましょう。

大衆浴場は避けてください。

 

プール
プールに入ることで、患部を悪化させてしまうことがあります。

また、患部から染み出た浸出液によって人に感染してしまう危険性もあるので、完治するまでは厳禁です。

 

とびひになったらいつから保育園や幼稚園に登園できる?

とびひは「学校感染症・第三種」として扱われています。

とびひの場合、インフルエンザや百日咳のように、〇〇日までというような期間が決められていません。

医師の診断において、伝染の恐れがないと認められれば登園・登校はOKです。

 

つまり、治療を施し、患部をガーゼ・包帯で覆い、露出がなければ許可されます。

しかし、患部が多発している最中だったり、広範囲に膿痂疹が出ている場合は、休むことが肝要です。

 

日本臨床皮膚科医会、日本小児皮膚科学会、日本皮膚学会、日本小児感染症学会では、とびひに関する統一見解を発表しています。

※統一見解 抜粋文
「病変が広範囲の場合や全身症状のある場合は学校を休んでの治療を必要とすることがありますが、病変部を外用処置としてきちんと覆ってあれば、学校を休む必要はありません。」



まとめ

とびひは痒みが強く、感染してしまうと、完治するまで家族は大変ですね。

やはり、汗ばむ季節には、とびひの感染予防が必要です。

掻くことで皮膚に傷つけないよう、爪を短く切り、手洗いを励行することが基本です。

 

鼻孔に指を突っ込む癖のある幼児は、鼻の下からとびひが発症していることが多いそうです。

鼻の中は、ブドウ球菌などの細菌の温床に適した場所ですから、気を付けてあげましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ