あせもの症状と対策!大人と子供におすすめの薬は?

main 高温多湿な日本の夏が近づき、汗をかくことも多くなってきました。

このような状況が続くと、皮膚のトラブルが起きやすくなります。

 

その代表が、かゆみを伴う小さな赤いブツブツができる「あせも」です。

「あせも」は、乳幼児によくみられますが、近年は大人のあせもも増えており、汗をたくさんかく夏は大人でも注意が必要です。

 

今回は、この「あせも」について、原因や予防方法などをご紹介します。

スポンサードリンク




あせもとは?どんな病気?

「あせも」とは、別名「汗疹(かんしん)」と言い、皮膚にある汗の導管が詰まって「ぶつぶつ」になっている状態、または汗の刺激により皮膚の表面がかぶれたような状態になっていることを言います。

「あせぼ」と発音する地域もあります。

赤くなっている事が多く、汗ばむことの多い時期の夏に起こりやすい症状です。

 

「あせも」には、細かく白い水疱ができるタイプと、赤くなるタイプがあります。

白いものはあまりかゆみはない場合が多いのですが、赤くなるものはかゆみや痛みがあります。

 

乳幼児によく見られるのは、おむつで包まれている部分、特に締め付けている腰や太ももの部分、またはおでこ、首回り、ひじや手の関節部分、背中、わきの下ですが、ほぼ全身に起こりうると言ってよいでしょう。

 

大人でもあせもは起こりますが、この場合は下着、ズボンやスカートをはいていると締め付けられる腰の部分に多くみられます。

また、汗の分泌量にもよりますが、首筋やひじやひざの裏側にも出やすいとされています。

 

あせもの原因は?

汗が大量に出ようとする際に、服などで締め付けられているような場合にスムーズな分泌ができずに、汗腺の導管がつまり、あせもになることが多いです。

また、汗をかいたままで拭き取られていない状態が長く続いていることでも起こります。

 

赤ちゃんの場合、もともと汗をかきやすい体質の子であることも関係しますが、多くの場合、室温が高いこと、着せている服の通気性が悪いことが原因になります。

その他、ひじの裏や脇の下、また赤ちゃん特有のぽっちゃりした体型のため、くびれて皮膚同士が密着しているような部分に汗がたまり、蒸れてしまうために、大人よりもあせもができやすくなるのです。

スポンサードリンク


あせもになりやすい時期・季節は?

あせもは、俳句の季語で「夏」とされているように、汗をかきやすい夏場に最も多く見られますが、他の季節でも汗をかくような場面では起こり得ます。

とくに赤ちゃんは新陳代謝が高いために汗ばみやすいところ、長い時間おむつを履かされているために腰回りが蒸れていますし、室温によっては背中にもたくさん汗をかくため、いつでも起こると言ってよいでしょう。

 

あせもの対策、予防方法は?

汗が原因ですので、汗をかかないようにすることが予防法ですが、それは現実には難しいことですし、そもそも汗を分泌するのは健康な身体の自然な反応です。

そこで、汗を丁寧に拭き取って、長期間汗にまみれた状態にしない、蒸れた状態を長く作らないことがカギになります。

 

赤ちゃんの場合

赤ちゃんの場合は一日中おむつをはかせず、時々ははずして、お尻や腰をさわやかにしてあげましょう。

汗をかいた場合はベビーパウダーをはたいて、皮膚をさらっとした状態にします。

 

幼児の場合

幼児以上の場合、ハンカチやタオルを持参し、汗をたくさんかいた時は丁寧に拭き取ります。

可能であれば、水で洗ったり、水を含んだタオルで拭うなどして、汗の成分が表面にいつまでも残っていないようにします。

 

また、赤ちゃん同様汗をかいた場合はベビーパウダーをはたいて、皮膚をさらっとした状態にします。

 

大人の場合

大人の場合も、赤ちゃんや幼児同様、皮膚の細菌繁殖を抑えるためにも、汗が皮膚についている時間を少しでも短くするように注意が必要です。

さらに、食生活にも気を付けることも予防につながります。

 

実は、食べ物の中には、「あせも」の原因になるものもあるそうです。

具体的には、以下の食品群になります。

 

その1 「ニッケル」を多く含む食品

玄米やそば、豆類、海藻類などの食品になります。

また、ほうれん草やかぼちゃ、レタス、キャベツなどの野菜にも多く含まれています。

その他、ワイン、ココア、チョコレートも注意が必要です。

 

その2 「クロム」を多く含む食品

「クロム」はジャガイモや玉ねぎ、リンゴなどに多く含まれています。

紅茶にも、種類によっては多く含んでいる場合があります。

 

その3 「コバルト」を多く含む食品

「コバルト」は、豆類、木の実などに多く含まれています。

 

これらの食品は金属が多く含まれているものがあり、摂取し過ぎると体内の金属イオンのバランスが崩れます。

そのため、夏場などは摂取した金属物質が汗腺からも分泌され、かぶれを起こすことがあります。

 

また、予防法として高い効果が期待されるベビーパウダーは幼児~大人まで使えますが、掻き壊してしまった傷のある肌には、ベビーパウダーは逆効果です。

 

清潔に洗って、皮膚科の診断を受けるべきです。

ただし、ゴシゴシと強くこすったりするのは皮膚を傷める原因になりますので、それぞれのお肌の性質に合わせ、無理な摩擦は避けてください。

 

家庭で出来る診断方法は?

ぶつぶつがかゆくないかどうかです。

 

その他の病気でも皮膚に水疱ができたりしますが、あせもの特徴は、

(1)かゆみのない、透明か白い細かい水疱が、服のラインに沿って出ている。かゆみはほとんどない

(2)赤くほてって、白い点のない水疱か発疹が首筋、関節の裏、背中、締め付けた服のラインの部分にびっしりと出ている。かゆみや痛みがある

以上2点を確認します。

 

これとはちがう、手のひらや脛などにランダムに出ている丘疹、カサカサした炎症の場合は、あせもではなく「手足口病」「アトピー性皮膚炎」などの可能性もあります。

すみやかにお医者さんの診断を受けてください。

 

家庭で出来る治療方法は?

あせもや湿疹、かぶれに効くクリームタイプや軟膏の治療薬が薬局で販売されています。

また、パウダー入りのサラサラな質感のもありますので、症状に合わせて複数を使い分けると効果的です。

 

かゆいからとボリボリ掻いてしまうと、傷がついて炎症が悪化したり、雑菌が侵入してしまいます。

 

あせもは丁寧に水で洗い、ガーゼなどで拭き取って、あせも治療薬を塗って、刺激を与えないようにして治療してください。

蒸れないような通気性の良い服を着ることは大事です。

 

あせもにオススメの薬5選!

■ユースキン製薬 ユースキンI(アイ)ローション(第3類医薬品)

かゆみをしっかり止め、皮膚の生理機能を改善する皮膚の薬です。
ローションなので、肌にしっかりと浸透します。

 

■ユースキン成約 ユースキン あせもクリーム 32g(第3類医薬品)

ふわっとのびの良いクリームが、バイ菌の繁殖を抑え、あせも・かぶれ・湿疹に効果があります。

白く粉っぽくならないのもオススメです。

 

■池田模範堂 ムヒベビー 15g(第3類医薬品)

赤ちゃんのかゆみ・虫さされ・あせもなどの症状にお肌にやさしいしみないかゆみ止めです。

 

■ロート製薬 メンソレータム ADソフト 35g

あせも・かぶれに効く6つの有効成分が含まれたクリーム状の薬です。

ステロイド剤は配合していませんので、赤ちゃんのデリケートな肌にも使えます。

 

■佐藤製薬 ポリベビー 50g(第3類医薬品)

ポリベビー 50gはおむつかぶれやあせも、湿疹等に効果をあらわす、赤ちゃんにおすすめの軟膏です。

 

まとめ

今年も夏の気温はかなり高くなると思われ、あせもなどの皮膚へのケアは非常に大切になってきます。

 

通気性の良い素材の衣類を選ぶ

汗をかいたら、速やかに清潔なハンカチやタオルでふき取る

下着(赤ちゃんの場合はおむつ)をこまめに替える

帰宅したら、シャワーなどで汗を流す

など、予防を心がけましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ